ハワイでレンタルバイクをした時の駐車場と注意点をまとめてみたよ

ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

今回はハワイでバイクを運転されたい方に
駐車場情報やその他レンタルするときの
注意点などをまとめていきましょう

スポンサードリンク

ハワイ(ワイキキ・アラモアナ・ダウンタウン)でバイクを乗る時の駐車場は?

こちら 通帳を自転車を除いて
例えば 日本で原付バイクとか

それからハーレーなどの大型バイクなどに関しては
通常の駐車場の車と白の乗用車と同じ感覚で
パーキングしていただいて問題ありません

バイクが駐車場に一つだけ止まっているという感じですね

パーキングに関しては
車と同じ感覚ですのであまり問題はないとは思いますが

まあ安全面で言うとやはりバイクはむき出しですので
車と比べると安全日は下がるかなと思います

ハワイでバイクをレンタルする時の注意点は

ハワイでバイクをレンタルする時の注意点は
必ず知っておかれた方がよいので、まとめていきましょう

スポンサードリンク

ハワイでバイクを借りる時の免許証は国際免許証が必要ですか

こちらも乗用車と同じに扱いになりますので
日本の免許証でも
バイクをレンタルすることができます

ハワイでレンタルバイクをレンタルする時の保障金はクレジットカード

保証金アメリカはやはり保証の国ですから
ホテルを泊まる時にでもクレジットカードを出して

 

何かあった時にはそちらでチャージするように
なっているんですね

なのでオートバイやバイクを借りるときも同様
レンタルの際にセキュリティデポジット保証金という形で

クレジットカードの番号を控える会社が非常に多いです

ただし、何もなければ何も料金は課金されませんので
そのあまり心配はないでしょう

ハワイでバイクをレンタルをする際には必ず保険に入っておきましょう

例えば保険料バイクをレンタルしてる
会社が契約している保険会社との関連で

1日単位の金額で 保険料を払って借りることになります

これは例えば車両盗難なども含めて
1日たったの3ドル程度ののところが多いので

絶対に入っておいた方がいいです

スポンサードリンク

ハワイでバイクを運転する予定の方は必ず日本で保険に入っておきましょう

こちらの保険は旅行保険のことです。

例えばクレジットカードに保険の機能が付いているからと
それだけでハワイ旅行でバイクをレンタルすることは非常に危険です

ハワイはヘルメットをかぶってない人も多いです
もちろんヘルメットなしでは違法ではないんですが
やはり車と比べると危険が多いバイクですので必ず

海外旅行傷害保険に別途確認加入されてからされることをお勧めします

まとめ

今回はハワイでバイクを借りる時の注意点についてまとめてみました

自転車のBIKIという自転車レンタルシステムは
は2017年にハワイで始まりました。

 

料金をクレジットカードで払っていたるところにこのようなって
自転車のスタンドが置いてありますので

そちらで買う 名店各所を回り廻りしながら
自転車で移動するのも非常に便利だと思います

バイクに乗ってもっと遠くに行きたいという方は
バイクでレンタルバイクをレンタルされることをお勧めしますが
やはりのドライバーは非常に危ない運転の仕方をするので

皆さん本当に気をつけてください

ハワイ旅行で保険には念には念を!!!!!

関連記事⇒ハワイの保険は高額すぎてやばい失敗例

スポンサーリンク