ハワイのレストランでのチップの渡し方をまとめてみたよ(クレジットカードと現金)

ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

今回は、日本には馴染みのないチップのシステムについて
ハワイのレストランでのチップの渡し方について
まとめていきたいと思います。

レストランに来たら、慌ててしまう前に
知っておくと安心ですよね。

ハワイのレストランでのチップの渡し方を
クレジットカードと現金の両方で
まとめていきますね。

では行きましょう!

 

スポンサードリンク

ハワイのレストランのチップについて

レストランで美味しかったよ!サービス良かったよ
という意味合いも込められているチップの風習ですが、

ハワイではレストランで働く方は、最低賃金で働いているので
関連記事⇒ハワイの最低賃金についてはこちらからどうぞ

生活費の足しにするという意味でも
チップはお給料の一部だという扱いになります。

食事時にチップを払う必要がないお店

基本的にはチップを払う必要がないお店

ファーストフード
フードコート
テイクアウト

上記はチップを払う必要がありませんが、
チップのジャーは入れてあるので
入れていってももちろんOK⇒むしろ喜ばれます。

レストランのチップの割合は?

チップを払う割合からいうと15%~20%が多いです。
高級レストランだと25%程度のサービス料を払うことになっている場合もあります。

スポンサードリンク

ハワイのレストランでのチップの渡し方(クレジットカード)

レストランの代金をクレジットカードで支払う場合、
伝票を持ってきてもらったら
伝票ケースにカードを入れておくとお店の人が清算してくれます。

ハワイのレストランでは基本的に
着席したままテーブル席で支払うことが多いです。

ハワイのレストランでのチップの渡し方(クレジットカード)の流れ

①伝票を持ってくる
②クレジットカードを差し込む
③店用と客用の2枚用意されるレシートを持ってくる
④店用のレシートにチップを記入しよう
⑤覚書として控えの紙に金額を書いておこう

関連記事⇒チップの間違えない計算方法についての記事はこちら

スポンサードリンク

ハワイのレストランでのチップの渡し方(現金)

ハワイのレストランで食事したときに
現金で支払う場合は、

下記の手順で渡しましょう。

①現金の税抜き前の価格からお好みの割合で計算しましょう。
②おつりがいらない場合は、No Change
③お釣りが欲しい場合は、Change Please
④伝票にチップを現金で挟んでおけばOK

と伝えましょう。

お釣りをもらってから、チップを払っても問題ありません。

チップを現金で渡すタイミングは、
レストランから帰る時
で大丈夫。

基本的に現金でチップを払うときは、
お札で渡すことが失礼にあたりません。

外のレストランの場合は、風で飛ばないように注意しましょう。

ハワイのレストランでのチップの渡すときに、チップとサービス料の二重支払いに注意

チップがすでに
合計金額に追加されていることが
ワイキキ周辺のお店だと多くあります。

その場合には、サービスチャージ(Service Charge)
として書かれていて

追加で足されていることも多いので

チップとサービスチャージと
両方を払わないように気をつけましょう。

まとめ

日本にはチップの習慣がないので
払い忘れやすいことや、渡すタイミングも
難しく感じることもあると思います。

やっぱり、慣れないですよね。
管理人もしばらくかかりました。

とはいえ、

チップの力はすごいものがありまして、
ブッフェ形式などの場合、ホテル滞在中の朝食など数回行く場合
覚えてくれていると良い席に通してくれたりします。

お料理美味しかったよありがとう。
料理の説明やサービス良かったよありがとう。
今度覚えていてね

いろんな意味でのサービスチャージなのが
レストランのチップですね。

レストランでのチップの渡し方をクレジットカードと現金で
まとめてみました。
ご参考になればうれしいです。

関連記事⇒ハワイのレストランのドレスコードについて
関連記事⇒チップの間違えない計算方法についての記事はこちら

スポンサーリンク