組み体操で死亡中3遺族 損害賠償の金額と今後どうなるのか

アロハ
ハワイ在住のMikiです

日本ではこの組体操の事故というのは
すごく頻繁にあるわけではないです

けれども調べてみたところ46年間で急になくなっているそうなんですね

管理人も
日本にいる時組み体操はやりましたよ

ハワイに移住してからは
組み体操をやったというようなことを聞いたことがありませんね

組体操をやる意味があるのか というのを考えてしまいますね

今回の事件についてもう一度まとめていきましょう

スポンサードリンク

広島の中学3年生組体操で死亡

去年2016年に起こりました
広島県三原市にあります広島大学附属三原中学校の
3年生だった男の子のが組み体操が原因であったとしてなくなっております

2016広島の学校の組体操で何が起こったのか

組体操で中学3年生の男の子に何が起こったか
というのは組体操をやった後に
普通か後に頭が痛いと訴えて病院に行ったところ
脳内出血で亡くなっていらっしゃいます

スポンサードリンク

組み体操で死亡した男の子のご両親は訴訟

学校側が認めてくれないから
9600万への損害賠償を求めていらっしゃいます

広島大学附属三原中学のサイトには何か書いてるのか?

広島大学附属三原中学のサイトには何か
事故のことが書いてあるのかと

思いましたが

何も記載はありませんでした。

組み体操の危険を知るべき

組み体操は本当に危ないです。
これこそ日本がみんなと同じことをしようとさせる
教育方針のひとつなのだと感じてしまいます。

体育が苦手な子もいれば
得意な子もいる

全員でひとつのことをしなくても
学校がどうしても取り入れたいなら

やりたい人だけがやればいいし

身体が小さい子は上に行かなくてはいけないけれど
そんなに高いところが好きでない子もいるでしょう

身体の大きい子の中に
あれだけの力に耐えられる子はいるでしょうか?

崩れた時のしかかる体重や力というのを
考えると結構きついものがありますよね

時代とともに変わっていけばいいなと思います。

まとめ

学校側が認めないから相生をした
学校が認めなかったから訴訟したということなんですが

訴訟が今後どうなっていくのか
動向を確認していきたいと思います。

スポンサードリンク