長谷川たかこのパリでの現在について!夫と子供は?ワカメちゃんとの関係も解説!

アロハ
ハワイ在住のMikiです。

誰もが知っている方が多いサザエさんといえ
ばサザエさんの作者は長谷川町子さんです。

サザエさんといえばサザエさんの妹のワカメちゃん がいい子
で色々と中立の立場の時も多いですよね。

実は、わかめちゃんのモデルになったのが長谷川たかこさん

サザエさんの作者長谷川町子さんの姪にに当たるのが
長谷川たかこさんです。

現在長谷川たかこさんはパリにお住まいですが
長谷川たかこさんの結婚生活でご主人やお子さんがいるのか?

現在のパリの生活やお仕事についても調査していきたいと思います。

それではワカメちゃんのモデルになって長谷川たかこさんに
興味がある方ぜひお付き合いください

スポンサードリンク

長谷川たかこのプロフィール

生年月日 1955年生まれ

ワカメちゃんのモデル長谷川町子さんの姪
現在はパリ在住
パリ在住年は約30年

13歳の時にフランスに進もうと決意されて実現するまでは
約10年以上かかっているということで

長谷川たかこさんワカメちゃんのモデル 家族や夫子供はいるの

長谷川貴子さんの家族はフランス人のご主人が一人
子供が二人
猫二匹と 暮らしていらっしゃるそうです。

パリに暮らすきっかけは?

浅川貴子さんはお父様を亡くされて若い頃に
おばさまにある長谷川町子さんと同居していたということで

それがワカメちゃんのモデルになっていったということです。

そしてフランスに住むきっかけになったのは
お婆さんまの長谷川町子さんのフランス旅行

フランスに一緒に行った時にフランスに惹かれたことがきっかけ

当時、たかこさんは13歳
それから本当にフランス暮らしが実現するまで
10年以上かかったということです。

ご主人と出会い現在はフランスに約30年お住まいということです

ワカメちゃんの長谷川町子さんの子供はお子様は二人いらっしゃいます

娘さんと息子さん一人ずつです。

長谷川たかこさんの生い立ちは?

長谷川たかこさんのお母様は新聞記者の鹿島隆さんと結婚されて
女の子を2人を授かりました。

たかこさんは1955年
そして妹の彩子さんはは1957年に誕生していらっしゃいます。

お父様の鹿島隆さんが1961年に35歳で亡くなられたので
その後に長谷川町子さんと
一緒に暮らされていたということになります。

スポンサードリンク

子供については?

たかこさんには、
娘さんと息子さんが一人ずついらっしゃいます。

現在は進学のため親子離れて暮らしているということで
2017年11月のブログには寂しさもあるということなんですね

娘さんのアパート新居も探して
現在は別々に暮らしているということで
娘さんは 美術学校2で勉強をされているということです

息子さんも別々に暮らしていまして
家中がタッパで溢れているというような
普通の暮らしも入っていますね

息子さんよりも娘さんのことが心配ごとが多いようで
娘さんについての記事も多くあげられています

電子レンジを息子さん達の一人暮らしのために
オーブンや電子レンジを購入したり
子離れをしようとしているお母様の気持ちも
書かれていてとても好感が持てます

ご主人はフランス人?

長谷川貴子さんのご主人は フランス人になると思うんですが
ご主人が何歳なのかどんな形なのかでも
ブログには娘さん息子さんのことが
たくさん書いてあるんですが

ご主人についてはほとんど記載がありません。

ただしとても仲の良さはブログからも感じますので
もう少しご主人についても旦那ご主人なのか
非常に興味がありますね

スポンサードリンク

現在のお仕事は?

長谷川たかこさんのお仕事はパリの生活についての著書
も多数出していらっしゃいます。

現地の言葉を習得されて通訳としても活躍されているということです

猫ちゃんも2匹いるそうですよ

猫をもう一匹はたまちゃんという
名前で本当にサザエさんワカメちゃんがたまを

かわいがっているという
実在する家族なんだなと感激してしまいました。

思いっきりサザエさん世代ですから!

というより、息の長い番組なので
サザエさんのことが嫌いな人なんていないくらいの

長寿番組ですよね

まとめ

今回はバリに移住した長谷川町子さんの姪に当たる
長谷川たかこさん

ワカメちゃんのモデルと言われている女性の
パリ生活について調査してみました。

長谷川たかこさんの夫はフランス人が
現在はフランスのパリに30年

長谷川たかこさんの子供は男の子と女の子一人ずつ
そして猫二人とのパリ生活をしていらっしゃいます

とてもあたたかいのんびりしたパリ生活を送られている
長谷川たかこさん

今回、国際結婚は驚きの連続ですが
30年以上も続いているということで

発想の転換が上手なんだなと改めて感じました。

スポンサードリンク


おすすめ関連記事