ビーフストロガノフとビーフシチューの違いを1分で早わかり!




ALOHA! ハワイ在住のMikiです。

今回はビーフストロガノフとビーフシチューの違いは何なのか?
名前が似ているのでビーフストロガノフとビーフシチューが
分かりにくい

レシピのと何が違うのかと
お悩みの方に1分でわかる早わかりとして
ビーフストロガノフとビーフシチューの違いを
まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

ビーフストロガノフとは?

ビーフストロガノフの起源はロシア料理です!!

ではロシアから生まれたお料理で
基本的にストロガノフと呼ばれるお料理は、

フライパンを使って
ガスや電気の調理器の上に置いて
薄切りにした食材をソースと共に炒め煮!!!

これがビーフストロガノフの起源です。
つまり、コトコト煮込む料理とは起源が異なります。

 

 

[楽天]

ビーフシチューとは?


ビーフシチューの起源を調べていくと、
面白いことを発見!!!

もともとは
ヨーロッパあたりのお料理とも言われていますが、

シチュー(Stew)という言語で調べていくと
シチューの起源は縄文時代の日本なんですよ!

つまり、ビーフを除いて、シチューという言葉で
調べていくと
日本から始まった料理といえます。

そこで、ビーフシチューは何なのか調べますとね

ビーフシチューは、たくさんのお肉やお野菜時には麺類なども
入れて、
具たくさんでたっぷりの液体と共に
煮込んだものというのが起源

そこにビーフの塊が入ったものが
ビーフシチューとなります。

スポンサードリンク

ビーフストロガノフとビーフシチューの違いは?

というわけで1分でわかるように
ビーフシチューとビーフストロガノフの違いをまとめますとね

■ビーフストロガノフ
フライパンを使って薄切りの食材を
短時間でソースと炒め煮したもの

■ビーフシチュー
野菜お肉麺類なども入れて
具材は大きめ、液体多めで
コトコト煮込んだもの

おしゃれな料理を作りたいけれども
ビーフストロガノフと
ビーフシチューどちらにするのか悩んでいる方は、

時短料理という意味では
断然ビーフストロガノフになります!!

食材も薄切りを使うので調理時間も短く
つまり一の前にいる時間も短いので
今日は料理したくないどうしてもものすごく暑い
という日でも

少しワンランクアップしたお料理を作りたい日に
おすすめのビーフストロガノフ

一方で

今日はお誕生日なので気合を入れて作りたい
比較的時間の余裕はあるときは、
ビーフシチューがおすすめです。

ビーフシチューにどの肉を使ったらいいのかおすすめの記事はこちらからどうぞ

ビーフシチューはアメリカ産牛肉で十分!おすすめ部位も紹介!

ビーフシチューの隠し味でおすすめランキングの記事はこちらからどうぞ

ビーフシチューの隠し味ランキング!味噌等人気5選を解説!

ルーなし、赤ワインなしのビーフシチューはこちらから

ビーフシチューには赤ワインもルーもいらない!時短で柔らかくする方法もご紹介

まとめ

今回はビーフストロガノフと
ビーフシチューの違いをまとめてみました。

名前が似ているので
分かりにくい二つのお料理ですが、
大きく分けて違いがありましたね。

毎日の料理のちょっとしたヒントとして
どこかで思い出していただけたら嬉しいです。

スポンサードリンク