ビーフシチューには赤ワインもルーもいらない!時短で柔らかくする方法もご紹介




ALOHA! ハワイ在住のMikiです。

今回はビーフシチューについて書いていきたいと思います。
ビーフシチューと言えば
皆様はビーフシチューの市販のルーを使ったり、
赤ワインをがないと作れないと思っている方も多いと思います。

しかし管理人は 夫がアメリカ人なので
手軽に作れるビーフシチューを
何度も作ってきています。

是非赤ワインなしで市販のシチューのルーも使わないで
自宅であるものだけで作れるビーフシチューの作り方を紹介したいと思います。

また、みなさんが気になるビーフシチューの時短の方法で
お肉を柔らかくする方法もぜひご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ビーフシチューに赤ワインはなしで作れるの?

これはそのままはっきり申し上げて
ビーフシチューに赤ワインはなくても作れます。

ビーフシチューのお肉に赤ワインやハーブを漬けるのは
お肉の風味を良くするためです。

もちろん本格的に作りたいのであれば、

ビーフシチューのためにお肉を最初に赤ワインで
漬けておく、いわゆるマリネをしておくと良いでしょう。

しかし、赤ワインでお肉をつけなくても
十分美味しく作ることができます。

そのポイントは柔らかさにも繋がっていくので、
下記にまとめて行きますね。

ビーフシチューのルーがなくても作れるの?

ビーフシチューに市販のルーがなくても
作れるかどうかなんですが、

簡単に作れますよ。
しかも、市販のデミグラスソースも必要ありません。

必要なのは、市販のビーフシチューのルーではなくではなく
トマトペースト

トマトペーストが絶対に缶のタイプではなく
チューブのタイプがおすすめ

缶のタイプだとすぐに腐って使えなくなってしまいます。

[楽天]
 

そして、大事なのはビーフシチューの隠し味です。

ビーフシチュー隠し味ランキングトップ5は
こちらの記事にまとめてありますので
一緒によかったらやってみてくださいね。

ビーフシチューの隠し味ランキング!味噌等人気5選を解説!

ビーフシチューの時短で肉を柔らかくする方法その1

やっぱり
ビーフシチューの醍醐味は
お肉に味が含んでいて、柔らかくないと
十分に美味しさを感じられないと思うのですよ

唐突ですが、
皆さんのご自宅には圧力鍋はありますか?

圧力鍋や電気調理器がある方はぜひそちらを使うと便利です。
ビーフシチューのお肉が時短でほろほろになります。

しかし、圧力鍋がなくても
ビーフシチューを作ることができますよ

しかも時短をしたいと言うのであれば
絶対やっていただきたいお肉を柔らかくする方法は、

フォークでお肉に穴を開けてください!!!!

こんなことでビーフシチューが美味しくなるの?

なんて思われるかもしれないけれど
とにかく、お試しください!!!

フォークで穴を開けるくらいで
ビーフシチューが時短で美味しく、
お肉が柔らかく作れるかというと

ただの肉が柔らかくなったお肉だと
ビーフシチューのスープに味が
出てしまうということになります。

なので、お肉に十分な味をつけるという意味で
最初にお肉の塊を一口サイズに切ったときに

フォークでバリバリに、お肉に穴を開けることは
とっても大事!

これを十分にやっておくことで火の通りも早く
肉が柔らかくなるので時短で

ビーフシチューを調理することができます。

スポンサードリンク

時短のビーフシチューでお肉を柔らかくするコツその2

ビーフシチューを時短で作るのは、
お肉の硬い部分を調理する前に包丁で取り除くということです。

お肉の塊を触ってみると肉の脂身や筋が
硬くなってるところがありますよね。

結構もったいないかなと思って、
残しておいてしまうと、

肉の脂でビーフシチューがギトギトになってしまったり、
硬い部分が残ったりするので

筋や硬いお肉の部分を
丁寧に削ぎ取ることで調理したときに
お肉の味を損なわず時短で調理できます。

まとめ

今回は、ビーフシチューを赤ワインや市販のルーなしで
作るコツと

ビーフシチューのお肉を時短で柔らかくするコツを
まとめてみました。

意外と読んでみると当たり前のことかなと思いますが
この当たり前のことを
毎回きちんとやることで
市販のルーや、赤ワインがなくても
十分に美味しいビーフシチューを時短で作ることができます。

管理人は、この当たり前を何度かめんどくさくて(爆)
サボったことがありましたが
家族に不評でした(汗)

このあたりのコツは
なかなか何回も作っていないと
出てこない内容なので、仮にも料理本が好きで
たくさん読みますが
この辺りのことはなかなか書いてある本はなかったです。

自信をもって皆様にお伝え出来たらなと思います。

スポンサードリンク