ビーフシチューはアメリカ産牛肉で十分!おすすめ部位も紹介!




ALOHA! ハワイ在住のMikiです。

今回はビーフシチューではどのようなお肉を使ったらいいのか?
お肉といっても
和牛なのか?アメリカ産の牛肉で十分なのか?

ビーフシチューを作るならどの部位がおすすめなのか
ビーフシチューのお肉の選び方について
まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

ビーフシチューはアメリカ産牛肉で十分ですか?

こちらの質問にお答えすると
はっきりと断定しないのか
国産の和牛肉を使わなくても
アメリカ産の牛肉で十分おいしくビーフシチューが作れますよ。

アメリカ産の牛肉は、日本のお肉ほど
サシが入っていませんが

ビーフシチューにはサシは、必要ありませんし
塊のお肉として食べた時に
より甘みを感じるのかが大事だと思います。

よって、アメリカ産の牛肉でもビーフシチューを作るには
問題ありません。

ビーフシチューの隠し味についてはこちらの記事からどうぞ

ビーフシチューの隠し味ランキング!味噌等人気5選を解説!

ビーフシチューでおすすめの部位は?

お料理が得意な方でも
これからお料理を始めたいという方でも

難しいのがお肉の部位についてです。

余談となりますが、
管理人がアメリカに移住したのは約10年前となります。

その時、お肉の塊と言ったら
日本で言うとローストビーフを作る部位だと思い込んでいたんです。

ですが、アメリカには肩ロースやチャンクと言われる
塊肉の部位もあって、
初めはよくお肉屋さんに聞いて、
どの部位がどの料理に合うのか
聞きながら作っていました。

それでも話を戻しまして、
管理人がおすすめするビーフシチューに合う
お肉の部位は、肩ロース肉の塊です。

肩ロースの部分は、ローストビーフで使う
もも肉の部分とが近い

少し油が多く混ざっています。

そして、比較的お値段ももも肉よりは
お手軽に購入できます。

また肩ロース肉が色々な料理に使いやすい
部位としておすすめで
手に入りやすく濃い旨味が特徴でもありますので
ビーフシチューの部位としてはお勧めですよ

 

 

[楽天]

管理人もハワイでよくビーフシチューの作ります。
その時にはアメリカ産の肩肉
アメリカだとChunkと呼ばれる肩の前側のお肉の部位や
Round肉と呼ばれるのは、後ろ側の筋肉に近い方の肉の部位を
使ってビーフシチューを作ります。

スポンサードリンク

まとめ

今回はビーフシチューを作る時におすすめの部位はあるのか?
またアメリカ産の牛肉で充分美味しく食べれるのかどうかなど

ビーフシチューを作る時の
食材の選び方についてまとめてみました。

ビーフシチューを美味しく作る時短のコツは
こちらの記事にまとめていますのでよかったらどうぞ。

ビーフシチューには赤ワインもルーもいらない!時短で柔らかくする方法もご紹介

ビーフシチューが特別な日のメニューとしても
人気が高いです!

大切な方たちが喜んでくれましたように

一生懸命作りたい気持ちはとってもわかりますよ。
でも疲れていて同しようもない方は、無理せず

思い切って温めて出すのもありです!!!!

 

 

[楽天]

スポンサードリンク