海外旅行の機内むくみ対策とは?

ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

これから夏休みも来て
日本にお郷帰りする方も

ハワイに旅行にくる方も
飛行機に乗る機会が増える時期だと思いますので、

海外旅行の機内でのむくみ対策
ついてまとめていきたいと思います

スポンサードリンク

そもそも、機内でむくみはどうして起きるの?

むくみというのは、水分の代謝がうまくいかなかったことで
起こると言われていますが、
飛行機に乗ったときのむくみは、
気圧の差で起こると言われています。

飛行機内は気圧が低く、
気圧が低いとむくみが起こりやすいです。

 

気圧が低い時に、
雨が降りますが雨の日は古傷が痛むとも言いますよね

それと同じで、気圧が低い機内で、
カラダの活性化が鈍くなり、

水分や塩分代謝が通常のようにすすまず
むくみが起こると言われています。

海外旅行の機内むくみ対策~水をこまめに飲む

まず最初に水の飲み方をお伝えしたいと思います。
冷たいお水をごくごく飲んでしまうと、

カラダに吸収される量は決まってきますが

量は飲みますので
お手洗いの回数が増えて
水はカラダに吸収されにくいということが起こります。

ですから、常温のお水をこまめに取りましょう。
こまめに水を飲みながら、
ダへの水分の吸収力をあげましょう。

海外旅行の機内むくみ対策着圧ソックスを使用する

着圧ソックスはむくみ対策になるのか?

管理人は、
機内での着圧ソックスの着用をおすすめしています。

ずっと履いていなくても
数時間履いておくだけでも

圧力がかかりますから、
体感は変わってきます。

スポンサードリンク

海外旅行の機内むくみ対策太ももにタオルをひく

これは、腰痛対策にもおすすめのことで
太ももの下に圧力をかけて代謝を起こすという意味でも

ブランケットなどをきつめに丸めて
それを太ももの下に置きます。

足も少し上に上がるので
気持ちいい
と思います。

海外旅行の機内むくみ対策足首を回して、足に力を入れる。

座席で座ったままできるエクササイズとして

足首を右周り、
左周りとゆっくり頻繁に回しましょう。

そして足全体に力を入れて、
5秒止めて抜くというのを
くりかえすと

心臓のポンプのような同じ作業になるので
座ったままでも血流を促すことが出来ます。

海外旅行の機内むくみ対策~靴編

着圧ソックスにモコモコソックスを履いて、

機内折り畳みサンダルを履くと
あまり可愛くありませんが

寒さ対策とむくみ対策と両方出来ます。

もしくは、ハワイで履くようの
サンダルを機内で履いても良いですが

寒いので、
薄手の靴下やブランケットを利用すると良いでしょう

海外旅行の機内むくみ対策~座席編

プレミアムエコノミークラスを予
約すると追加料金はかかりますが

追加料金としては1万~3万円ほどです
距離によって、金額は変わってきます。

むくみ体質の方や、あまり体調がすぐれずに機内に乗る方には
追加料金は安いくらいかもしれませんね

まとめ

ハワイの飛行機は、約8時間

アメリカ本土に行けば10時間以上の
飛行機もありますよね

むくみ対策としてきちんとやっておきたいですよね

ハワイ旅行の場合は
ワイキキについてマッサージに駆け込まないと
足も顔も浮腫んでしまってパンパン

なんていうこともありますから
機内で出来る限りむくみ対策をしておきたいですね。

スポンサードリンク