岩田徹(いわた書店)の経歴について!出身大学と高校は?妻と子供も調査!




Aloha¡
ハワイ在住のMikiです。

いわた書店

北海道の小さな書店です。
場所は日本一長い直線の国道の所にある
(北海道砂川市西一条北二丁目一番23号)とても
小さな本屋さんということなんですがこだわった本を置いていらっしゃるそうです。

Point
岩田徹さんの父親の仕事がまったく畑違いからきている!
岩田徹さんの大学がユニーク過ぎる!

岩田徹さんの本屋を始めたきっかけは?

どんな本読んでも面白い本にしたいという気持ちを持っていらっしゃるそうです
それではいわた書店の岩田徹さんについて調査していきましょう。

スポンサードリンク

いわた書店の岩田徹さんのプロフィールは?

それではまず最初に北海道のいわた書店を経営されている
岩田徹さんのプロフィールを調査していきましょう。

岩田徹さん(いわたとおる)
現在66歳
出身 北海道

今のところ生年月日は非公開の状態です。

こちらの岩田徹さんが選ぶ1万円選書が3000人が
応募待ちしている状態ですって!!!

1万円選書(いわた書店)の申し込み方法や予約は?カルテ内容や感想も調査!

次に岩田徹さんの家族や生い立ちについても
調査していきましょう。

家族と生い立ちは?

岩田徹さんは シベリア帰りの鋼
員であったお父様の下で生まれることとなりま
兄弟は妹さんがいらっしゃるということなんですね。

岩田徹さんは、兄と妹という家庭で育っていきます。

そして 娘と息子たちの声に後押しされる後押しされるように
炭坑を止めて絵本屋さんを始めるようになったということなんですね

父親が本屋さんをはじめたということがいわた書店の始まりということです。

絵本が大好きだった岩田さんと妹さん シベリア帰りの行員であった父親が

毎月めばえと幼稚園を購読して買って読むことが
楽しみのひとつだったということで

その本が大好き本が楽しかった思い出というのがこの
いわた書店の原点になっているようです

出身高校と大学は?

岩田徹さんの出身高校と出身大学を調査しているのですが
岩田徹さんは函館ラサール高校を卒業されていらっしゃいます。

本が大好きだった岩田徹さんは文具関係の商社に
お勤めしていらっしゃいましたが
23歳の時に父のいわた書店を受け継いだということになります

株式会社いわた書店の 岩田徹さんの出身大学を探しているのですが、
商社にお勤めだったということで、
大学へは行かれていないようです。

しかし、砂川地域大学という大学をご自分で作っていらっしゃるんですね

本の中には何がある家がある家の中に何がある宇宙がある

ということで 岩田徹さんは
大手の本屋には負けないユニットなことをしようと
思っているうちにご自身で

砂川地域大学と名付けていろんな形を北海道に招いて
一緒にセミナーをされるなども地域密着型でお仕事をされていらっしゃいます。

次は妻はいるのかいわた書店の岩田徹さんに
奥様がいらっしゃるのかということを調査していきましょう。

妻は?

妻がいるような情報は今のところ見つけられていないのですが

なかなか面白い視点でも屋さんをしていらっしゃる岩田徹さんですので

奥様はいらっしゃると思うんですが今のところまだ公表されておりません

子供は?

子供はいるのかどういうのまとめて行きたいんですが

同じくお子様がいらっしゃるかというのも 出ていないのですが

実際のところは お様はいらっしゃると思うのですがこ
ちらも奥様と同時に行こう まだ発表されておりません

しかし岩田徹さんにもお子様がいらっしゃると思いますので

子供達に本を選ぶことや読み聞かせをしてもらって子供たちも
本が好きな大人に育っているのではないでしょうか

岩田徹さんとは?

初めはめばえと幼稚園の子供の本から始まった岩田きょうだいの兄と妹

せがんだことで父親がいわた書店を始めて現在2代目の岩田徹さ

ん 現在は3000人も待っているというこの一万円選書

1万円でどんな本に出会えるのか皆さん
当選日をわくわくしながら待っているというのが状態なんでしょうか

心の底から本を楽しみそして人々が何かのきっかけになる
後押ししてくれる今の状況か
ら何か一つでも変えられるヒントを見つけられるようにするのが

プロフェッショナルの仕事の流儀

いわた書店の店主岩田徹さんのポリシーでもあるのでしょう。

お店のすべてを楽しい本で埋めたいと言う岩田徹さんの熱意
全国の方に届いているのではないでしょうか

スポンサードリンク



1 個のコメント

  • いわた書店
    社長 岩田徹 様
     
    注文のメールでないのに、こちらを使わせていた
    だき、申し訳ございません。
    実は私、カナダの金谷先生とご連絡を取りたいので
    ございます。
     
    2018年,慶応大学における鈴木孝夫先生との講演
    会のことは、ご存知かと思います。もしかして、
    ご出席なさっていらっしゃたかもしれませんね。
    そのあとでの懇親会で金谷先生とお話し、私は
    名刺をお渡ししたのですが、先生は切らしてしま
    われたとのこと。「連絡先は伊藤先生から聞いて
    ください」とのことでしたが、どういう訳か伊藤
    先生からはお返事がいただけないままになってし
    まいました。
     
    実は講演会のすぐあと、鈴木先生は体調を崩され、
    「デュランさん、タタミゼについて書いてくださ
    い」とのことで、張り切って書き始めたのですが、
    今度は私が入院。やっと第1稿を書き上げたとこ
    ろでございます。
    金谷先生のご本は全て読ませていただき、三上章
    先生の「象は鼻が長い」など、いろいろ勉強させて
    いただきました。金谷先生に質問したいことも
    ございまして、ブログにメールを送信したの
    ですが、頻繁にチェックしているご様子もなく、
    あれこれ思案の挙句、ブログに出てくる社長様に
    に、連絡を取らせていただいた次第でございます。
     
    状況説明が長くなってしまいましたが、そんな事
    情で、このメールを金谷先生へ転送していただけ
    ませんでしょうか?
    お忙しいところ恐れ入りますが、なにとぞお力を
    お貸しいただきますよう、お願い申し上げます。
     
    かく申します私は、65歳から本を書き始めた物書
    きのはしくれでございまして、鈴木孝夫先生との
    お付き合いもあり、決しておかしなものではござ
    いません。
    ‪Ja.wikipedia.org>wiki>デュラン・れい子‬
     
    まずは取り急ぎ、お願いまで。
     
    デュラン・れい子 拝

    ps、ほんとにまあ、面白い本屋さんで、つくづく感心してしまい
    ました。この件につきましては、後ほどゆっくりと。
     
     
     
     
     
     

     

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください