白崎裕子の結婚や夫が気になる。年齢やプロフィールは?評判や教室もチェック

ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

今回は料理研究家の白崎裕子さんについて
フォーカスしていきたいと思います。

料理研究家の白崎裕子さんといえば
シンプルな材料を使いながらも
できるだけ手作りなものが食べれるような生活が

大変と感じるだけではなく
手軽であること

もちろん買うことよりかは手軽ではありませんけれども
出来る限り手間を省き簡単な材料や
身近な材料で手作り生活ができることを
勧めていらっしゃる料理研究家の方です。

白崎裕子さんがお作りになる
パンやケーキなどのレシピは

一般的なものとは異なりますが
とてもシンプルで管理人も
何冊か本を持っていますがとても好きな料理研究家の方の一人です。

今回は料理研究家白崎裕子さんの
プライベートに迫っていきたいと思います。

夫やお子さんがいるのかなど
調査していきたいと思います

スポンサードリンク

白崎裕子さんのプロフィールは?

[楽天]

それではまず最初に料理研究家白崎裕子さんの
プロフィールをまとめていきたいと思います。

生年月日 不明
つまり年齢は不明です。

年齢は?

気になる白崎裕子さんの年齢なのですが
2001年にオーガニックカフェ豆花茶席をオープンしています。

現在18年経っていますから
カフェを25歳でオープンしたとしても
管理人が思うのに現在の年齢は45歳~50歳くらいかなと
思いますが、

非常に自然食をしていらして
お若く見える白崎裕子さんですので
年齢不詳の魔女みたいな感じですね

スポンサードリンク

結婚してるの?

[楽天]

料理研究家の白崎裕子さんが結婚していて
夫がいらっしゃるのかどうかなんですが。

表だってこの男性が夫であることを
公表はしていらっしゃらないんですが

料理研究家の白崎裕子さんが
運営するウェブサイトを見ていきますと

スタッフのお一人として
白崎和彦さんのお名前が掲載されています。

同じ白崎という苗字ですし
葉山の海沿いにすごくいい感じの
古民家を見つけたので白崎茶会を立ち上げた

白崎茶会の立ち上げメンバーの方ですから
白崎裕子さんのご主人かもしれないですよね

夫は?

それでは次にもし白崎和彦さんが
白崎裕子さんの夫だとしたら

白崎和彦さんがどんな仕事をされていたかと言いますと
二十歳の頃から放送作家をされていたそうなんですね。

どんな番組で
放送されていたかと言いますと

ウンナンのシャララ や やるやら
という番組にも終わっていた可能性が高いです。

現在も放送作家として活躍されているかどうかはわかりませんが
料理研究家の白崎裕子さんについて

Twitter でも多数つぶやいていらっしゃいますし
イベント情報なども掲載されていらっしゃいますので

広報担当のお一人と言っても良いかもしれませんね

子供は?

白崎裕子さんにお子さんがいらっしゃるかどうかなのですが
子供のお料理やお弁当などについての
発信も時よりされていらっしゃいますが

ご本人から子供の話というのは確認できておりませんので、
お子さんはいらっしゃらないのかと思いますね

評判はどうなの?

それでは気になる料理研究家の
白崎裕子さんの評判なんですが

白崎裕子さん自身が料理研究家というだけでなく
実業家としても活躍されていらっしゃいますよね

白崎裕子さんのレシピ本は中国でも
中国語に訳されて発売されています。

素晴らしいことですよね

教室の予約方法やアクセスは?

白崎裕子さんの料理教室に行かれたい方
現在の予約方法やアクセスをまとめていきたいと思います。

まず最初に必ず全員がスタートクラスということで
地粉のピザを作っていただくことから始まるそうです。

担当講師は白崎裕子さんではなく
認定のスタッフの方が担当してくださるクラスになります。

金額は9500円プラス
入会金が2000円となります

女性限定

場所は葉山町の一色海岸沿いの古民家逗子駅より
海岸回りのバスで15分バス停から約2分

車でお越しの方は近くにコインパーキングがあるとのことです
どちらにしてもあまり便利なところではなさそうですね

まとめ

今回は料理研究家の白崎裕子さんについて調査してみました。
料理教室でピザを作るのに
9500円とちょっと金額的に驚きましたが

とても人気の料理研究家さんですので
実業家としても活躍されていらっしゃいますので
これからもどんどん
料理教室やクラスはプレミア化されていくんではないでしょうか

また違った雰囲気ではありますが
料理研究家として大人気の有元葉子さんに似た

ビジネススタイルで
展開されていかれるのかもしれません。

スタッフとして白崎和彦さんが
白崎裕子さんのご主人かもしれないという濃厚ですね

いつかご自身についても
コラムとで語って下さったら嬉しいです

スポンサードリンク


おすすめ関連記事