バイリンガル教育の方法と問題点

アロハ
ハワイ在住のMikiです。

現在、管理人は
英語と日本語のバイリンガル育児をハワイで行っています

バイリンガル育児を始める方法と問題点というのを
実践している管理人の経験やセミナー等で
学んだことも含めて
まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

バイリンガルの概念とは?

バイリンガルというのは2カ国語を操れることを
バイリンガルと言いますが

バイカルチャーとも言いまして
二つの文化が共有し合うこと
もバイリンガルの一つと考えています。

バイリンガル教育の方法を始め方とは

管理人がバイリンガル育児を続けていく中で
一番気をつけているのは
母親は第一言語を話し続けること

まず子供たちというのは母の言葉
母国語から覚えていきますので
まずは母の母国語をしっかり入れて

そこからでそこからでも
バイリンガルになることは十分にできると考えています

なので始めに回路としての
母国語の言葉をしっかり入れていく

そして 母親が英語とごちゃごちゃに喋らないこと

お母さんがバイリンガル
そしてバイリンガルにいかないまでも英語も日本語もわかる
場合

お母さんは英語はわからないのと言って
子供に日本語を母国語を喋り続けることは

言語の力を育てる上で非常に大切になってくると思います。

バイリンガル教育の始め方

英語の入れ方を多くの方が
英語が第二言語になってくると思いますが

第二言語を入れていくときに
まずは DVD や歌を一緒に使うこと

日本語だけが言葉じゃないんだというのを教えていくこと

日本語を喋ること日本だと多いけれども

言葉というのは
英語、日本語、韓国語、中国語、ドイツ語
フランス語など。。。
と多種多様の言葉があって
そのひとつにしか過ぎないことを教えることで

子供がいろんな言葉を受け入れていく考え方のベースを
作ることが必要です。

自分だけがバイリンガルで特別ではないことを教えると

恥ずかしくてなかなか多国語をわかっていても
話せない子供には良い安心材料だと感じています。

スポンサードリンク

バイリンガル教育に必要なのは親自身の心構えと努力

管理人ものすごく感じていますが
親自身が英語と日本語混ぜないこと

まずは親の母国語をしっかりと育てていくという
心構え

そして流されずにコツコツと本読みを続けること

コツコツと淡々と行うって結構難しい

というのも、言葉はすぐにできるものじゃないから

先が見えないですものね

しかし、目もくれず
いろんな角度から言葉に良いものを
毎日触れさせる機会をつくること

親自身の心構えと努力もかなり必要になってきますね

バイリンガル教育におすすめのプログラムは?

管理人が非常良かったと思いましたのは

DVD や絵本そしてカードを使って
子供の言語を育てていく

子供たちが英語を話しているところなどを見ながら
言葉として認識できるように入れていく

1日30分でも英語に触れる時間を
毎日作っていくルーティンを崩さないようにする



小さい頃のバイリンガル教育と子供の性格の関係性

小さいころのバイリンガル育児の
ほとんどは親自身の心構えと努力にあると思っています

バイリンガル教育の気をつけたい子供の問題

そして子供の性格によっても大きく変わってくると考えています。

シャイな子はやはり自信がないと
言葉を喋りたくない こともありますし

日本語で話しかけて英語で喋るところを
日本語で喋ったり

日本語で聞かれたことを英語で話しかけ
話したりなどと

なかなか子供が照れ屋の子供達というのは
なかなか言葉が出てくるまで時間がかかるタイプだと思います

しかし、バイリンガルは特別ではないこと
二つの文化を知ることは楽しいことと常々伝えていきましょう

まとめ

バイリンガル教育の方法や始め方
そして気をつける点と心構えについてまとめてみました。

今の時代はハーフだからといっても
必ずしもバイリンガルではありませんし

バイリンガルになるための教育は
早期教育ともまた別の教育だと考えています。

正しい言葉を二つ覚えさせることで
子供の世界が広がっていくのか

そして子供の世界を広げる時に
言語が必要であること
もっといろんな機会を与えてあげたいなどと

親が明確な目標をしっかりと持たない限り

安易にバイリンガル教育に手を出さない方が
良いことも多いと思います。

次回はバイリンガル教育の弊害についてまとめていきたいと思います

スポンサードリンク