バイリンガルの定義や意味とは?




ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

今回は管理人も実践しているバイリンガル育児の

バイリンガルというのは
一体どんな定義なのか
どんな意味なのか

そしてどんなことを目指して
バイリンガル育児をしていたらいいのか

管理人もバイリンガル育児5年目になります。

皆さんがどんなふうにバイリンガルというものを
考え意味し子供に教えていくのか
基本的なバイリンガルの
定義を考えていきましょう。

スポンサードリンク

バイリンガルの定義?

[楽天]

それではまず最初にバイリンガルの定義についてなんですが

基本的にはバイリンガルというのは2ヶ国語を
操れる人のことをバイリンガルと呼びます。

ただこの定義というのは非常に難しく
人それぞれ異なるわけなんですが

バイリンガルの定義というのは
2ヶ国語の言葉を話す
2ヶ国語の複雑指示を理解できる
2ヶ国語の読み書きができる
2カ国の 文化を知ること

バイリンガルという言葉を聞くと

いいなあ英語話せるの
フランス語話せるの

などとは話せることにフォーカスしてしまう人
が多いのですが

基本的なバイリンガルの定義は
文化や複雑指示をその件後でも
理解できるということも含めたことが

基本的なバイリンガルの定義だと
管理人は考えています。

2ヶ国語の言葉で複雑指示というのは
細かいことは
その暮らしている言語でしか分からない

という場合も
多くありますのでバイリンガル育児をしている方は

どこまでどういう風に
バイリンガルとして2カ国語を操って欲しいのか

その定義を自分なりの
自分の生活にあてはめて考えていく必要があるでしょう。

スポンサードリンク

バイリンガルの意味?


バイリンガルの意味というのは

先ほどもまとめていますが

2ヶ国語の文化を知っていくということも
バイリンガルの意味として重要になってきますね。

もちろん日本で
暮らしていく方は日本としての文化の理解が深くなるでしょうし
仮にの子供のようにアメリカで暮らしている場合は
アメリカの文化というのが強くなるのは当たり前のこと

しかしその中に少しでも日本ではこういうのが文化だよ

アメリカではこういうこともするんだよと
節々に 伝えていくことが本当の意味での
バイリンガルを育てていくことになると思います。

どうしてその文化を知ることが大事なのかといえば

多言語を使ってバイリンガルとして仕事をしていく場合

日本の感覚やアメリカの感覚だけでは
太刀打ちできないことが多くあるからです。

バイリンガルの言葉としてだけではない

本当の意味でのバイリンガルを強めにして
将来生きていくためには

文化も伝えていかないと
仕事でお金をいただける
立場にはなるのが難しいからです。

バイリンガルになるためには

では本当の意味でのバイリンガル
になるためにはどうして行ったら良いのか

もちろん日本の方がバイリンガルになって

英語と日本語を両方を上達させていくには
留学が一番という方もいらっしゃるでしょう。

しかし留学だけが一番の方法と言ったら
そうでもありませんよね

それができない方もたくさんいると思いますし
だからといってバイリンガルになれないわけではないですよね。

小さい頃からたくさんの本を読む
いろんな国がある
好きなお話を英語と日本語で聞かせてみせる
他の言葉を知っていれば
いろんな人とコミュニケーションができる。

そのことを小さい頃から子供に伝えていくことは
子供自身がバイリンガルになる上で
努力をしていくモチベーションになると思います。

なぜかといえば

バイリンガルにするには2倍の本を読んだり
子供覚えていく必要がありますので

基本的な吸収力を小さい時に
高める必要があるからです。

[楽天]

だからこそ小さい時に

日本語の絵本だけではなく
世界地図や地球儀を見せながら
いろんな生活や言葉を見せていくことが
バイリンガル

になるための基礎づくりとなるでしょう。

まとめ

今回は管理人も5年にわたり実践している
バイリンガル育児の定義や意味について考えてみました。

そしてバイリンガルにさせたいご家庭の皆さん
バイリンガルにすることは
そう簡単なことではありません。

毎日の本読み
声かけ

お金もかかりますし忍耐も必要になってきます。

子供の向き不向きもあるでしょう。

しかしひとつ管理人が5年実践して言えることは
本を好きに育ててあげること。

本を好きになることで
バイリンガルへの近道になるのは間違いないです。

毎日眠い中本読みをするのは楽なことでは
ないですが

本が好きになることで本を理解すること
そのことは英語と日本語つまり

バイリンガルで複雑指示を
理解できるということにつながってきます。

毎日コツコツという作業になりますが

一緒にバイリンガルを育てていきましょう。

きっと2ヶ国語を理解して仕事として
使えるようになった時

その子にとってプラスになることは間違いないと思います。

一緒に頑張りましょう

スポンサードリンク