ハワイ仕事で休み、給料や年収、福利厚生をまとめてみたよ(ハワイ移住)

ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

ハワイに移住してハワイで仕事をするというのは、
結構勇気がいることかもしれません。

実際、ハワイの仕事はどういうものがあるのか?

ハワイは観光業ですが、どのような職業が比較的仕事が見つかりやすいのか?
そして気になるハワイの仕事の休み、

お給料相場や年収、お給料の支払われ方まで

ハワイで仕事をしていた経験のある管理人が
経験をまとめて書いていきますね。

⇒ハワイの生活費の高さをまとめてみたので、ハワイのお仕事とあわせてどうぞ

⇒ハワイの生活費とおすすめの仕事はこちらかどうぞ

スポンサードリンク

ハワイの仕事で日本人が就きやすい仕事とは?

ハワイで仕事を探したいとき日本人が多く訪れる島だからこそ
日本人の方がどのようなサービスを求めてハワイにいらっしゃるか?
というのを考えていくと比較的見つかりやすいです。

観光をもっと身近に楽しみたくて、ガイドも人気
日本語で聞きたいからとカスタマーサービスに日本人の方がいたり、

ホテル関連・観光業は比較的募集していることも多いです。

不動産関連
アパレルも人気です。

ハワイの不動産はとても人気のお仕事であり、
将来性も高いので、セールスが得意!という方は、ハワイの不動産関連の
お仕事もおすすめです。

スポンサードリンク

ハワイの仕事の休みは?

skeeze / Pixabay

ハワイは日本のように5連休だからみんなで旅行に行こう!
まとまった休日は有給を使わない限り使えません。

ですから、よくアメリカ人は早く家に帰るから
プライベートを大事にしているといいますが、
個人的にいは休みが少ないので、
トータルで働いている時間は
日本の人と変わりないように思います。

クリスマス、お正月1日、サンクスギビングデー、
独立記念日など
メインの休日は約10日あるかないかぐらいでしょうか。

会社によって、ハワイ州の祝日もお休みの会社は
これに8~10日くらいは追加されます。

ハワイの仕事、休みは少ないです。

ハワイの仕事正社員のお給料や収入は?

気になるハワイのお給料相場は、生活費と比べるとかなり安いです。

ハワイのお給料は、
時給10ドルまたは10ドル以下のこともおおく
手取りで20万はいかない会社も観光業や、事務職は多いです。

⇒ハワイの生活費の高さをまとめてみたので、ハワイのお仕事とあわせてどうぞ

この上記の記事に書いた生活費は、
20万もいかないハワイのお給料でどうやって払えるのか?

と疑問に思う管理人です。

不動産関連は、自分がセールスした分のコミッションですから
やった分だけ帰ってくるハワイのお仕事ですから、おすすめです。

または、メイクアップアーティストやウエディング関連のお仕事は
15ドル以上のところも多く、比較的時給としては良い方です。

時給11ドルからスタートしたら、
フルタイム(正社員)で働いても

月の手取り17万円くらいです。

ハワイの仕事の年収は?

geralt / Pixabay

ハワイの年収の相場は、30,000ドル~40,000ドル 300万~400万
税金などを差し引かれると、

生活費は年間250万くらいという方も
いらっしゃると思います。

ハワイはお給料と生活費のバランスが悪いから、
このことこそが共働きが多い理由ですね。

ハワイの仕事のお給料体系は?

ハワイのお給料は、いまだに時給ベースのことも多いです。
年収がいくらということで、契約している場合もありますが、
事務関連は時給のことが多いです。

ハワイの仕事お給料の支払い回数は?

Free-Photos / Pixabay

日本では月1回お給料が支払われますが、

ハワイではほとんどの会社が月2回
もしくは毎週お給料が支払われることもあります。

私もハワイに移住してすぐ、主人のお給料が毎月の支払では
ないことに本当に驚きましたね。

ハワイの仕事お給料の支払い方法は?

ハワイのお給料の支払いは、銀行振り込みというところも
ありますが、

基本的には小切手支払いです。

どのように現金化するかといいますと
銀行に持っていくことになります。

つまり、銀行に行かない限り小切手は紙切れでしかありません。

管理人の主人も小切手支払いですから
毎回銀行に行くことになります。

内心、どうして銀行に振り込んでくれないのか?
と疑問で仕方ないくらいです。

ハワイの仕事でボーナスはあるの?

ハワイは基本的にボーナスはない会社が多いです。
一般の会社だとボーナスはほとんどありませんが、
小さい会社の場合は、ボーナスがいただけることがあります。

しかし、日本のようにボーナスで50万とか100万とか
夢の夢
そんなことをハワイの仕事で期待すると痛い目にあいますので、
ボーナスはないものとして考えてみると良いと思います。

ハワイの仕事の福利厚生について

◇医療保険

ハワイの会社は、週に20時間以内働くパートタイムと
フルタイムで働く人とでは福利厚生が違ってきます。

週に20時間働かないと会社から医療保険が負担してもらえません。
つまり、全額自己負担になります。

ですから、ハワイの仕事でパートタイムかフルタイムというのは

非常に大事なところで、家族の保険のためにフルタイムで働いている
ということもあります。

ハワイの会社の福利厚生は、保険がどのくらい会社が負担してくれるかで
変わってくることがあります。

自分で出す金額が低ければ低いほど、良い福利厚生を持つハワイの会社であるといえます。
◇401K(米国の年金制度)

会社の福利厚生の一貫として、ハワイの仕事の募集などで401K
明記してあることがあります。

これは、米国の年金制度ハワイの会社で働いたお金が
天引きされて年金に積み立てられていく仕組みで
会社が少しプラスしてくれることが
福利厚生のひとつだと考えられています

スポンサードリンク

ハワイの会社の駐車場は自腹が多い

ハワイの会社では、ほとんどの人が車通勤です。
もちろんワイキキ周辺に暮らしていて、ワイキキで暮らしている人は
徒歩の方が多いでしょう。

ハワイで働いているお友達で駐車場代として月に180ドル払っています。
結構いいお値段でしょうか。

日本の通勤だと会社が定期代を払ってくれることが多いですが、
ハワイだと多くの会社が自腹です。

ハワイの会社の有給

ハワイの会社の有給は、1年間で約10日から14日
というのが多いです。

まとまった休みがありませんから
日本からハワイに移住していて
日本にお里帰りしたいときには、
有休をすべて使うような感じになりますので、
日本の祝日の多さは本当にうらやましい限りです。

まとめ

ハワイのお仕事は夢があって『ハワイで仕事をしたい』という方の
夢を壊したくないのですが、現実をお伝えさせていただきたいと思いました。

ですから日本である程度貯金をしておくことは
ハワイ移住では必須のことです。

それだけハワイの生活費の標準とお給料の標準が合っていないことが
問題ですね。

セールスが得意な方は、
ぜひハワイの不動産関連は良いと個人的には思います。

スポンサードリンク