福島孝徳医師の現在は?妻と子供が気になる。弟子も調査!

アロハ
ハワイ在住のMikiです。

今回は脳外科医師として有名な福島孝徳医師を
フォーカスしていきたいと思います。

福島孝徳医師といえば、アメリカと日本
両方の国で脳外科医師として活躍されて
多くの人の命を救い
アメリカでも侍ドクターなんて呼ばれることもあるのだとか!

今回は、福島孝徳医師の父親の職業
子どもや弟子についても

調査していきたいと思います。

POINT
福島孝徳医師の子供はカエルの子はかえる
福島孝徳医師の医師になろうとしたきっかけは?

それでは、このポイントを踏まえてチェックしていきましょう!

スポンサードリンク

福島孝徳医師のプロフィールは?

sasint / Pixabay

福島孝徳医師の経歴プロフィールをはじめにまとめていきますね。

生年月日1942年10月15日
現在75歳
出身東京都

出身は 東京都立戸山高等学校を卒業されてから
東京大学医学部に進まれていらっしゃいます

次は福島孝徳医師の家族と生い立ちをまとめていきましょう。

スポンサードリンク

父親と生い立ちは?

DzidekLasek / Pixabay

福島孝徳医師の父親は
明治神宮の軍事であったそうなんですね。

つまり生い立ちをみていくと
明治神宮で働いていた父親と一緒に神社のことを
勉強している家庭で育ったのではないかと思いますよね

しかし、その神社関係のお仕事には進まず
福島孝徳医師は、東京大学病院の内科医師であった叔父に憧れて
東京大学の医学部に進まれていたということになります。

経歴は?

東京大学医学部を卒業、
東京警察病院に勤務

その後ドイツに留学されます。

そこでドイツに留学した際に
脳外科の限界を思い知らされることとなるんだそうです

1973年ベルリン自由大学
1975年にはアメリカ合衆国ミネソタ州ロチェスター市にあります
メイヨークリニック脳神経外科臨床研究フェローとして勤められます

福島孝徳医師は、一度日本に戻りましたのが1978年
その後1991年にもう一度南カリフォルニア大学医療センター
脳神経外科教授としてアメリカへ行かれます

福島孝徳医師は、その後数万件単位でアメリカでも
手術を行いたくさんの命を救ってこられていらっしゃいます

日本に戻られたのは2006年の頃でしょうか

東京大手町東京クリニックの運営に参加
2007年千葉県に塩田病院附属福島孝徳記念クリニックが開院

2009年塩田病院附属福島孝徳記念病院に改称し
2012年には 福島孝徳脳神経センターは
東京都江戸川区の森山記念病院または

神奈川県川崎市の新百合ヶ丘総合病院に移転しています。

その後8月1日から東京脳神経センター病院へ 福島孝徳脳神経センターを移転

日本国内の拠点とされています
現在日本全国の重要の病院に福島孝徳脳神経センターはあります

弟子は?

jill111 / Pixabay

弟子を調べてみたのですが
多数お名前が挙がってきます。

現在も弟子になりたい方は募集中ということで

脳神経外科の最新技術を学ぶための専門を絞った
4年間の研修医を募集しているということです。

妻は?

 

[楽天]
妻は奥様についてまとめてきたのですが奥様は福島法子さんという方です
奥様との 関係を 見て行きたいのですが

奥様も長い間ロサンゼルスに住んでいらしたということです

奥様の福島法子さんが
日本に戻ってきているのかというのは今のところまだはっきりした情報はありません

子供は?

子供は息子さんと娘さんが一人いらっしゃいます福島徳仁さん

息子さんが現在何をしているのかというのは探すことができなかったのです
が娘さんの福島梨沙さんはお父様と同じく
脳神経外科の医師になりたいということで
お父さんの手術に立ち会われて勉強されることも多いんだそうです

福島孝徳医師と上山医師は?

いい若い頃はこちら2福島孝徳医師と上山医師は
ライバル関係にあったということなんですが
現在はお互いの良さを認め合い一緒にセミナーをすることもあるんだそうです。

こちらに書かれた脳神経外科医の上山医師についてはこちらの記事からどうぞ

上山博康(脳外科医師)の兄と家族は?出身高校が気になる。弟子も調査!

 

福島孝徳医師とは?

今回はアメリカでも多くの命を救われた福島孝徳医師について調査してみました。

娘さんがいらして 娘さんもお父さんと同じ道に進まれるということがわかりました
そしてご実家が明治神宮のお父様は新監督んちであったということも
分かり全く違う経歴の家庭で育ちながらも

医師に憧れて一緒になられたということはわかりました。

現在75歳

これからもまたたくさんの若手を育てて
福島医師と同じような手術がと治療ができる医師がたくさん育つことを
望んでいる方も多いのではないでしょうか

スポンサードリンク