ハワイの魚の名前は可愛いものだらけ!フムフム?マヒマヒの意味も調査!




ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

今回はハワイの魚についてフォーカスしていきたいと思います
ハワイの魚の名前は
とっても可愛いんですけれども
ハワイ語の多くが付けられていますので

覚えるだけでも覚えにくい名前の魚がとても多いんですね。

今回はハワイで楽しめる魚

フムフムヌクヌクアプアアやマヒマヒ
オパカやアヒなど

一体どんな魚を意味するのか
ただ聞いただけでは分かりにくい名前もありますので
今回はハワイの魚についてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

フムフムヌクヌクアプアアとは?

ハワイには主にそれぞれの島にそれぞれのイメージのお花があったりと
ハワイの鳥はネネ

などなど

それぞれにイメージのあるものが多いんですが
フムフムヌクヌクアプアアと呼ばれるお魚は

ハワイ州ではハワイで有名な魚といえば
このフムフムヌクヌクアプアアが出てきます。

が出てきます

このフムフムヌクヌクアプアアは
ハワイ語で最も長い名前を持つ魚なんですが

どんな意味かと言えば
ぶーぶーとなく角ばった魚という意味がもたれされてるんですね

この変わった名前別名はタスキモンガラと呼ばれていますけれども

豚のようになく角ばっと魚とも言われているんですね

このフムフムヌクヌクアプアアの
魚はとても警戒心が強く
色もカラフルで

どちらかといえば気性の荒い性格なので

相手を威嚇するのにブーブーブーブーと
鳴くことからこのように

フムフムヌクヌクアプアアというハワイ語の意味の
名前がつけられていたそうですよ。

マヒマヒとは?

それでは次にハワイでマヒマヒと言われる魚についてなんですが

マヒマヒと呼ばれるお魚は
日本語ではシイラと呼ばれる少し大きいお魚なんですね。

どうしてこのマヒマヒという
意味がつけられたのかといえば

白身魚でありながらも
男性でもなかなか持ち上げるのがすごく難しく

釣りの時に引きく力が強いこと
そして力強くてパワフルな魚であることから

マヒマヒハワイ語の意味では?

3dman_eu / Pixabay

マヒマヒ(強い 強い)という
意味が付けられたそうなんですね。

ハワイでマヒマヒといえばよくレストランでも売られていますし

ハワイのスーパーでも切り身になって
売っていることが多いお魚です。

日本だとあまりシイラというお魚がマヒマヒなのであまり
シイラはスズキの仲間で

ルアー釣りでも人気の魚なんだそうです。

山陰や九州以外ではあまり人気のない魚であるので
比較的日本にいるとスーパーであまり見る機会がない

魚なんですが
ハワイに行きましたらこのマヒマヒはとても人気のお魚です。

オパカパカとは?

続いて紹介したいのがオパカパカ

ハワイでも
大人気のおさかなオパカパカと呼ばれるお魚です。

日本では大姫鯛(おおひめだい)ですので

鯛のソテーのように
白身で食用で食べやすく
あまり臭みもありませんので
ハワイても高級魚の一種として人気が高いです。

中華料理はパシフィックリムそして
日本食のレストランなのでは
煮魚として

そしてフレンチなのではムニエルとして
も提供されることが多いオパカパカ

なんですが

どんな魚かと言うと本当に鯛のような感じですので
大きさは大きくなくて
普通のはトレイに入るぐらいで

20 CMくらいでも大きいオパカパカと言えるでしょう。

自分でさばく用に売られていることがハワイでは多いですが
管理人はお魚をさばくのが苦手ですので

切り身を買ってしまうことが多いんです。

ハワイのおバカバカはどんな料理に使われるのかと言いますと
プレートランチでもどうしてもよく使われていますね

ハワイでは魚にふりかけをかけて
マヨネーズなどをつけてオーブンで焼いて調理する料理が
非常に流行っているんですけれども

ハワイの方はとてもふりかけが好きだからなんですね

そういったふりかけ煮を使ったお料理やまたは
オパカパカを煮付けにするお店もあります。

これらはハワイでワンプレートランチと
呼ばれ
それぞれのプレートランチとしてこのオパカパカの
魚が提供されています

アクとは?ハワイの魚

アクとはハワイのアークと呼ばれるのは
日本には鰹と呼ばれるものです。

僕は基本的に店頭に並ぶことが少なく
ハワイではビーフジャーキーの代わりに

フィッシュジャーキーとしてアクが
使われることが多いですね

アヒとは?

ハワイで有名なお魚アヒとはマグロのこと

ハワイのローカルの人は本当にマグロがが好きなんです。

ハワイの海に囲まれていますが
お魚の種類はあまりそんなに多くはありません。

その中でもオークションなので
それぞれのスーパーが落とすことがありますのがアヒ(まぐろ)

時折冷凍していないフレッシュな状態のアヒを
マグロをお刺身として

またハワイで家庭料理の

ごま油や塩、醤油、野菜などと
混ぜ合わせたポキとして

召し上がることが多い

ハワイでは人気のお魚

オパとは?

オパと呼ばれる魚は
日本ではアカマンボウのことになります

ハワイでもアカマンボウ食べる機会が多いというわけでは
ありませんけれども

レストランでよく食べやすいですですね

そして、びっくり
魚かと思ってたらマンボウだったという方

気づかない方も多いかと思うくらいのお魚です。

マンボウももちろん魚なんですけど
食べる???イメージがあまりなかったからです。

スーパーでも
マグロのアヒやサーモンと比べると
スーパーそんなに多く見かけるわけではありませんけれども
時折見かけることがありますね

まとめ

今回はハワイの可愛いお魚の名前ただしどんな
意味なのかわかりにくいものを
一挙にまとめてみました。

フムフムヌクヌクアプアアは食用ではありませんが
マヒマヒやオパカパカ、アヒやアクなどなど
レストランでよく見かけるメニューです

是非ハワイに来て
これがこの魚は一体何かわからないから頼まないのではなく

日本の方にも食べやすいお魚が多いですので
是非ハワイで魚メニューも楽しんでみてくださいね

スポンサードリンク