ハワイ旅行の天気が雨マークに雨雲でも大丈夫な理由はこの3つ

ALOHA!
ハワイに移住して毎日アロハな気分のMikiです。

ハワイ旅行に来たらやはり気になるのはハワイのお天気ですよね!!!
ハワイに来たら、あのカンカン照りの太陽の下で遊びたい

と思う方も多いと思います。

では実際、ハワイ旅行に来るのにお天気が雨マークだった。
朝、起きたら雨雲だったという日でも
ハワイの天気は大丈夫な理由をお伝えしますね。

スポンサードリンク

①ハワイはオアフ島内でも天気が変わる

ハワイは、ワイキキが雨でもほかのエリアが雨が降っているとは
限らない場所なんですね

ちょっと慣れるまでこの感覚はわかりにくいかもしれないのですが、
お天気を気にしないのがハワイの人

なんじゃいそれ???

私はお天気予報みて、いつも傘を持っていくか決めるのよ!
という日本の方には、このゆるーーい感覚は嫌になっちゃうかもしれません。

本当にハワイは場所によってお天気がコロコロ変わる。
女心のように(笑)

お友達との会話の中で

我が家の方は、土砂降りだったから公園で遊ぶの少し心配したけど
ワイキキはやっぱり晴れるよね

これ日常的に行われる会話です。

そのうち、雨とか気にしなくなります。
実際私も傘を持って歩いてないです。

特に雨が多いエリアは、山の方のハワイ大学の近くのマノアというエリア
雨が多いのですが、アラモアナ・ワイキキは晴れていることがほとんど

なので、ハワイ旅行で雨マークでも雨雲でも気にしなくて大丈夫です。

②ハワイでは一日中雨が降るのは本当に稀

そしてハワイに7年住んでいる管理人がお伝えしますが、
ハワイでは一日中雨が降り続けるというのは、
本当に稀中の稀なことです。

私が7年間住んでいた中では、一日中雨なので
1年に3~5日あるかないかぐらいだと思います。

スポンサードリンク

③ハワイの雨雲は、VOGかもしれない

ハワイでとても曇っている日があり、雨雲に見えることもあるかもしれません。

しかし、ハワイにはVOGと言って、ボグと読みます。
ボルケーノ(火山)とスモッグ(煙)が合わさった合成語のことで
ハワイ島の南側キラウエア火山が作り出す火山からの煙と二酸化炭素が
風の強いハワイなので、
他の州までも運ばれてVOGという現象が起こると言われています。

VOGが出ている日は、雨雲のように陰ります。
アレルギーの人が多く喘息の方は、少し悪化することが
あるかもしれませんので
雨雲はVOGかもしれないということも念頭に入れて置かれてくださいね。

アレルギーがある方はこちらもご注意されてくださいね
関連記事⇒ハワイのマンゴーにもご注意くださいませ

雨よりもハリケーンに注意

雨よりも気を付けていただきたいのが、
ハワイのハリケーです

ハワイはインフラが弱いのですぐに停電や道が水であふれかえったりしますので
ハリケーン情報の方を気に留めていただきたいです。

スポンサードリンク

ハワイ旅行が雨でも落ち込まず出かけよう

管理人がおススメしたいのは
ハワイ旅行が雨でも気にせずお出かけしよう!!

ハワイは気が付いたら、晴れてるなんてことは
日常茶飯事ですよ

ハワイの雨が出ないと虹は出ないという言葉の意味は

ハワイの『No Rain, No Rainbow』

雨が降らないと虹が出ない
雨が降るから、虹に出会える

ハワイが虹が多く見えるのも、小雨が降ることが多いからですね。
この言葉から見ても

雨だからこそ出かけようと管理人は思う訳です。

まとめ

ハワイ旅行にせっかく来るのに、雨マークだった
とそれだけでちょっと気分がブルーになってしまこともあると思います。

でも、7年ハワイに住んでいる管理人が胸を張って言えますよ。
ほとんどの日が、ハワイ・オアフ島では一日中雨が降ることはありませんよ

雨マークでも気になさらずにハワイ旅行を楽しんでくださいね。

ハワイのお天気について月ごとにまとめています。
ハワイ旅行のお天気や温度・服装を参考になさってくださいね。

関連記事⇒ハワイ4月のお天気について
関連記事⇒ハワイ5月のお天気について
関連記事⇒ハワイ6月のお天気について
関連記事⇒ハワイ7月のお天気について
関連記事⇒ハワイ8月のお天気について

スポンサードリンク

スポンサードリンク