ハワイ6月の無料イベントや費用・祝日についてまとめてみたよ

ALOHA!
ハワイライフを満喫中のMikiです。

今回はハワイに6月の旅行される方に、おすすめのイベントをご紹介いたしますね。
関連記事⇒ロイヤルハワイアンセンターの無料イベントはこちらの記事でどうぞ

6月にはハワイ島を統一したカメハメハ大王をお祝いする祝日や
ニューヨークのジャパンデーのように
日本のカルチャーを楽しむ『まつり・イン・ハワイ』も開催されます。

『まつり・イン・ハワイ』ではパレードも開催されて
日本からのチームも参加されるので楽しみですね

それでは、ハワイの6月のイベントについて盛りだくさんで行ってみましょう!
関連記事⇒ハワイの6月気候や気温や服装についてはこちらからどうぞ

スポンサードリンク

6月初旬 まつり・イン・ハワイ

場所:オアフ島・ワイキキ各所
連絡先:808-926-8177

まつり・イン・ハワイは、ハワイの文化と日本の文化を楽しむイベントです。

パンパシフィックフラフェスティバル
ストリートダンス
太鼓
お神輿
盆踊り(ハワイでは、盆ダンスと呼びます)

上記のイベントが無料で楽しめます。

ワイキキのカラカウア通りを貸し切ってのイベントなので
しかも1日ではなく3日間連続

これぞホノルルマラソン以上の規模のイベントと言えますね。
無料で楽しめるイベントなので、ワイキキ周辺にお泊りの方は
行かないと損ですよ!!

6月10日前後 キング・カメハメハ・セレブレーション

6月11日はばらばらだったハワイ州をひとつのハワイ王国として
まとめたカメハメハ大王を称えるイベントが行われます。

キングカメハメハデーとも言われて、
オアフ島のダウンタウンにあります巨大なカメハメハ大王に
台に乗ってレイをかけるイベントが開催されて

とってもハワイらしいですよね。

銅像にレイをかけるのですから!

そして、大規模なパレードが開かれてハワイ州の8つの各州の特徴や馬とともに
練り歩くパレードも有名です。

スポンサードリンク

6月中旬 キング・カメハメハ・フラ・コンペティション

キング・カメハメハ・フラ・コンペティションは、
メリーモナークフェスティバルの次に
大きなフラの大会です。

フラは、ハワイの民族舞踊で古典フラと現代フラに分けられています。
通常フラダンサーは、古代と現代フラの両方を学ぶことになります。

言葉は基本的にハワイ語を使用して、
古代から使われていた楽器や、現代フラにはウクレレをつかい
文字のなかった時代に、言葉で気持ちを伝えることに大事にしているフラ

ハワイ語にのせて、気持ちを伝えるので手話のような踊りのことです。

日本大会も開催されて、
日本で優勝したフラの教室は、ハワイのキング・カメハメハ・フラ・コンペティションの
本選で踊ることができます。

年齢を召しても楽しめるのがフラの魅力なので
ワヒネ(ヤング)クプナ(ミドルエイジ)
男性部門もあり
幅広く楽しめるキング・カメハメハ・フラ・コンペティションです。

日時:6月中旬
会場:ブレイズデルコンサートホール

マウイ・フィルムフェスティバル

マウイ島・ワイメア

マウイで開催される映画祭
約5日間の開催では約40もの映画がプレミア上映されます。

関係者やダンスパーティなども行われます。

マウイ・テイストオブ・ワイメア

マウイ・フィルムフェスティバルと同時に開催される
有名レストランの味を一度に楽しめるイベント

スポンサードリンク

6月の旅行費用について

6月は日本の梅雨の時期という事もあり
比較的価格は抑えめです。
しかし終わりにつれて、価格は上がってきますので
6月の前半がおすすめです。

関連記事は⇒ハワイ旅行・費用の安い時期は?

まとめ

6月は日本の文化も感じながら、ハワイの文化も感じれて
ハワイ在住には、お祭りがとても楽しみです!

是非、ご家族で楽しまれてくださいね。
関連記事⇒ハワイの5月気候や気温や服装についてはこちらからどうぞ

スポンサードリンク

スポンサードリンク