保存版ハワイのレストランのドレスコードについてまとめたみたよ(男性の服や靴、スニーカーなど)

ALOHA!
ハワイに移住して思いっきりローカルライフをエンジョイ中のMikiです。

ハワイでレストランに行くときに、
予約を入れてからレストランにいかれる方も多いと思いますが

歩いていてそのままふらっと寄ってしまったという方もいらっしゃると
思いますので
カジュアルになりすぎないように実は気を付けていただきたいことがあります。

それはハワイのレストランのドレスコードについてです。
では、ドレスコードっていったいなんぞや!!という方にも
できるだけわかりやすくまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

ドレスコードとはどういうこと?

ハワイでレストランに行くときの服装のルールのことを
『ドレスコード』と呼びます。

ハワイでは、服装が適していないと判断された場合、
お店から出されてしまうことがありますので
ドレスコードは神経質になる必要はありませんが、
頭には入れておいておくと良いと思います。

ハワイのレストランのドレスコードがあるのはどんなレストラン?

実際に、どんなお店がドレスコードを出しているかというと
簡単に言うとこの2つ

・有名ホテルに隣接されているレストラン
・高級レストラン

この上記の2つのレストランに行くとき、特にディナーに行くときには
服装・ドレスコードには注意しましょう。

では次に実際、どのような服装が良いのか?というのを見ていきましょうね。

<男性>基本的なレストランのハワイドレスコード

男性の場合

・襟付きのシャツ
・アロハシャツ
・長ズボン・スラックス
・スニーカー(派手すぎないものならOK)
※決して革靴やローファーなどにこだわる必要はありません。

<ランチタイムの場合>
20ドル前後のカジュアルダイニングでしたら
男性は短パンで行っても問題ない場所も多いでしょう。
Tシャツではなく、襟付きのシャツを着ていきましょう。
しかし、靴はビーチサンダルではなく、しっかりとしたスニーカーやローファーを選びましょう。

スポンサードリンク

<男性>NGなレストランのハワイドレスコード

・水着
・短パン
・ビーチサンダル
・帽子

サーフィンやビーチに行ったそのまましかも足に砂がついた状態などで
レストランに行くのは失礼です。
部屋に帰って着替えるか、途中で着替えてレストランに行きましょう。

ハワイでは日差しが強いので、帽子をかぶっていることが多いと思いますが、
レストランに被っていくのは避けるとよいですね。

<女性>基本的なレストランのハワイドレスコード

・ワンピース
・ロングスカート
・パンツ
・アロハスタイルのワンピース
・ムームー
・シャツ

女性は、パンツでもスカートでもどちらでも大丈夫です。
ジーンズスタイルよりかは、
薄手のワンピースやエレガントなロングスカートなどは
非常に好まれます。

ビーチスタイルのフリフリの感じよりかは、
落ち着いたロングスカートなどが
ローカルの人たちと浮かずに楽しめてよいと思います。

足元のオシャレも大切に
ビーチサンダルではなく平たい靴でもフォーマルなものを選びましょう。

スポンサードリンク

<女性>NGなレストランのハワイドレスコード

・水着
・キャミソール
・ビーチサンダル
・超ミニスカート
・ショートパンツ
・レギンス
・クロックス(デザインによる)
・トレンカ

ハワイは水着でそのまま歩いている人も多いので
水着のままでカジュアルダイニング以外のレストランに行くことは
基本的にやめたほうがいいと思います。

水着のままで歩くのではなく
上にカーディガンを羽織ったりしてからファーストフードに行ったり
フードコートに行くことをおすすめします。

日本からの方は、レギンスやトレンカにクロックスなどの大き目のがっしりした靴を
履かれている方いらっしゃいますが、

肌をあまり出さずに、華奢な感じでまとめていくと良いと思います。
ヒールが良いという事ではありませんよ
ぺたんこ靴でもまったく問題ありません。

まとめ

ハワイのレストランに行くときの服装のルール『ドレスコード』
ついてご紹介しました。

きちんとしたドレスコードで行くと
よい眺めの席に通してもらえることもあるそうですよ

やはりお店側からしても
ドレスコードは、そのお店をつくるイメージにもなりますからね

難しく考えず、肌をあまり出さずカジュアルになりすぎないのが良いですね

どなかたかの参考になりましたらうれしいです。

関連記事⇒チップの簡単な計算方法についてご紹介した記事はこちら
関連記事⇒ハワイの海が見えるレストランの予約方法とショアバード

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク