プリンスロットフェスティバルの場所とアクセス方法は?注意点もチェック!




ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

ハワイと言えばフラダンスが有名なのは多くの方がご存じだと思います。

フラダンスは、本来Hula(フラ)と呼ばれ、
ハワイの民族舞踊として文字のなかった時代も言葉を踊りにのせて、
メッセージを伝える大切な役割でした。

プリンスロットフェスティバルは、フラの順位を決めるようなコンペティションではない
フラの祭典としは最大級に大きいフラの祭典です。

今年は、プリンスロットフェスティバルが始まって2017年なんと
40周年の記念の年でもあります

関連記事⇒7月のハワイのイベントと言えば、独立記念日の花火とセールは外せない!

毎年7月2日間にわたり、
日立のこの木なんの木でも有名なモアナルアガーデンで開催されてきましたが、
今年はイオラニパレスで開催ですよ

お間違えないように!!

それでは、プリンスロットフェスティバルがどんなイベントで、
イオラニパレスの行き方やパーキング情報

お伝えしていきますね

スポンサードリンク

ハワイのフラダンスの祭典 プリンスロットフェスティバルについて

日時 2017年7月15日~7月16日(土日)
場所 イオラニパレス

プリンスロットフェスティバルがどうしてフラを踊る人たちにとって
大切な集いだということについてまずご紹介していきますね。

日本でもフラは空前のブームで、映画からハワイアンズという福島の施設もあることから
ハワイとフラとのつながりはありますよね。

1820年代ごろ、フラは上半身何も着ずに踊っていたので、
ハワイに来ていた宣教師たちがなんだーーこの恥ずかしいダンスは!!!
と言われてしまった当時のハワイのリホリホにそのダンスは辞めてくれる?

とお願いされて、すっかりOKしてしまい
フラは禁止の流れになってしましました。

当時ハワイアンの人たちには書くという習慣はなく
文字というツールではなく
フラの踊りに意味をのせて、またハワイ語のチャントという
祈りや気持ちをハワイ語にのせて歌う事で言葉を伝えていました。

フラとチャントを通じて言葉を交わしていたので、
文字がなかったからいきなり禁止されてもそれは文化の継承が
途絶えちゃったのですよね。

で、

でも、フラは素敵だしやっぱりハワイにフラを復活させないと!
と動いてくれたのが、1863年から1872年までカメハメハ大王5世として
活躍したロット・カプアイア王子

だから、彼のロットという名前をいれて、
プリンスロットフラフェスティバルという名前が付けられたのですね。

ロット大王がいなければ、今のハワイのフラはなかったのですよね。

1978年から開催されたプリンスロットフェスティバルは、なんと今年で40周年

素晴らしいスペシャルイヤーになります!

スポンサードリンク

ハワイのダンサーをまじかで観られるチャンス

ハワイには多くのフラスクール(ハーラウ)があります。
多くのダンサーが、学生や仕事、親業もしながら続けていますので
イベントに出場することはそこまで多くはありません。

しかし、このプリンスロットフェスティバルでは、
地元の有名ダンサーたちが集まるので、近くで本場のフラを楽しむことができます。

2017年の開催日と場所はイオラニパレス

プリンスロットフェスティバルは毎年2日間にわたり、モアナルアガーデン
開催されていましたが、

今年は40周年というスペシャルイヤーなので、
ハワイの大王やロット大王も暮らした【イオラニパレス】で開催されるという
とにかくフラを愛する誰もがイオラニパレスで開催されることを喜んでいると
管理人は思います。

管理人もフラが好きなもので、ついつい熱くなっちゃいますね(笑)

ハワイのイオラニパレスの行き方は?

ところで、今年は開催場所が変わるためイオラニパレスの行き方などについて
まとめていきますね。

<ワイキキからバスで行く方法>

2番と13番バスにクヒオ通りから乗り、
乗り換えもなく行くことができます。

下車するバス停は、HotelSTとAlakeaStのところ
乗っている時間は約20分

そこから約3分歩いたらイオラニパレスに到着です。

19番と20番バスにワイキキから乗車したときの
下車するバス停は、S KingとAlakeaStのバス停で降りて300メートルほど歩きます。

帰る際は、
S KingとPunchbowlのバス停から2番13番20番のバスに乗ると
ワイキキまで乗り換えなく帰れます。

関連記事⇒バスやタクシーで使える英語フレーズ

<ワイキキからレッドラインのトローリーで行く方法>

ワイキキとローリーのレッドラインは、50分置きに出ている
ハワイの文化を楽しめるレッドレインです。

トローリーのバス停はイオラニパレスのすぐ近くに止まるので
こちらも当日込み合うので非常に便利です。

帰りはトローリーのレッドラインに乗りアラモアナでピンクラインに乗り換えて
ワイキキまで帰ることができます。

ハワイのイオラニパレスの駐車場は?

イオラニパレスは、ワイキキからそんなに遠くはないので、
レンタカーという方法もありますが、

当日イオラニパレスの前の駐車場
イオラニパレスを取り囲むようにある公共の駐車場も
いっぱいなことが予想されます。

イベントが開催される2日間は、バスかトローリーやタクシー、Uberがおすすめです。

関連記事⇒ハワイのタクシーとの違い、Uberの使い方は?

まとめ

毎回、プリンスロットフェスティバルでは食べ物のブース、ハワイの歴史を感じる
ブースなども出店されています。

是非、今年はイオラニパレスというハワイの歴史を感じる場所で、
本場のフラをぜひ楽しんでくださいね。

モアナルアガーデンより場所もワイキキから近いのでおすすめです。

是非、ご家族で出かけてみてくださいね。

スポンサードリンク