ハワイリタイアメントビザとリタイアハワイ生活は?

ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

定年後にリタイアした後
ハワイに移住したい場合、

やはり
アメリカ入国ビザの関係が気になるところですよね。

ハワイでリタイアメントした後
ビザは必要なの?

ビザは、どんな種類がリタイア後にハワイにはおすすめか。
定年後だからできれば、ハワイで仕事はしたくない。

でも出来る限りハワイを楽しみながら、
老後のハワイ暮らしを体験してみたい。

そんなあなたに私がおすすすめする
ハワイに滞在できるビザの種類を
まとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

ハワイ移住方法ハワイリタイアメントビザその1・学生ビザ(Fビザ)

最初におすすめするのが、ハワイ州の提携している語学学校に通いながら、
学生ビザで好きなだけハワイ移住を満喫するという方法です。

ハワイに学校に通っていれば、ビザは年単位で取得出来るのが
良いところです。

ハワイの学校は語学学校から、マッサージ系の学校など
専門学校にも通うことができます。

仕事している時は、
忙しくて勉強する暇がなかったからという方には

定年後ハワイでゆっくり
自分へのブラッシュアップにとてもおすすめです。

定年されたといっても、とても若々しくて
エネルギーにあふれた方たちも非常に多いので、

英語が好きで、
英語を使ってマッサージの仕事なども勉強したい方にも

スクールに通うことはおススメの方法です。

ハワイ移住方法ハワイリタイアメントビザその2・投資家ビザ(E-2ビザ)

年金に頼らずとも退職金なども含めて
まとまったお金がある方へのおすすめのハワイ移住方法は、
ハワイの物件に投資をすることで得られる
ビザを取得すること
です。

このビザを、『投資家ビザ』と呼びます。

資金がある人はアメリカへどんどん来てほしいという
政府の希望が表れているのか、

物件に投資して購入された方は、
アメリカ永住権も取りやすくなっているようです。

資金に余裕があるようでしたら、
物件を投資してビザを取得することも近道のひとつでしょう。

スポンサードリンク

ハワイ移住方法ハワイリタイアメントビザその3・観光ビザ

私が一番お勧めしたいのが、

この観光ビザでのハワイ入りすることです。

どのくらいの期間、観光ビザでハワイに滞在できるかというと
1回の渡航で90日以内の滞在できます。

観光ビザを取得するには、何が必要かというと
皆さんが旅行にいらっしゃる時に、
ESTA(エスタ)という
観光用のビザを申請されますよね。

それを使うだけです。
だからいたってシンプルな手続きの上
90日間つまり約3か月ハワイに中長期滞在移住ができます。

1年間の間で90日を2回繰り返すと180日
アメリカ滞在には、何日でも入れるわけではなく、
180日が1年間にアメリカで過ごせる限界はありますが、
それでもおすすめしたいです。

なぜなら3か月は短い期間に感じるかもしれませんが、
定年されてせっかくハワイにいらっしゃるわけですから

学校にも通う必要がなく、
ゴルフをしたり海にお散歩したり

好きなだけ自分たちの時間に使えて、
老後のシンプルライフに気ままにのんびりできるところも
良いところだからです。

まとめ

いかがでしたか?

老後リタイア後はハワイに行ってみたい!!
と青い空が浮かんできたでしょうか!!!

思ったときが吉日

ハワイに滞在する方法は、
もちろんこの方法だけではありません。

最初は90日滞在で
寒い時期だけハワイに移住とお考えなら、

観光ビザで毎年ハワイプチ移住されることが
ハワイに住む体験をされやすいと思います。

ハワイプチ移住滞在が、
90日以内なら観光ビザも問題なく得られるでしょうから

初心者の方のハワイ移住計画は、断然まず観光ビザで
90日以内の滞在を強くおすすめします。

スポンサードリンク