井筒信一(バイオリン製作)の工房の場所や値段は?音色の違いもチェック!

アロハ
ハワイ在住のMikiです。

バイオリン製作者で有名な
職人井筒信一さんがいらっしゃいます。

長年ものづくりの世界でプロたちも
大絶賛している80歳になります井筒信一さん

バイオリン工房の場所や価格
そしてこだわりについても調査していきたいと思います

スポンサードリンク

井筒信一さんの工房の場所やアクセスは?

井筒信一さんの工房は楽器店いづつ という
松本のはずれにあります

ひっそりと佇んでいる工房を経営されています。

初心者から指導者プロの演奏家まで
一人一人のスタイルに合わせた
良い楽器を適正価格で紹介してくださるということです。

スポンサードリンク

工房の場所は?

井筒信一さんの工房の場所やアクセスをまとめていきましょう。

住所 〒390-0823長野県松本市大字中山37-9
電話番号 026-358-6712

アクセスは松本駅から車で15分
松本市考古博物館前からいけるということです

駐車場も完備されていて
駐車場は無料ということで

営業時間は9時から18時までの営業です。

井筒信一さんが のバイオリンが 特別な理由は

完成までに2ヶ月を かけて制作しているということで
楽器の木に膨らみを持たせること

音色が変わっていくということなんですね。

そしてそのバイオリンの性質の質を決めていくということで
こちらの工程も非常にこだわっているということなんですね

魂柱をこんちゅうと言われて
表板と裏板をつなぐ部分のことなんだそです。

ここを立てる位置によって音色が変わってくるということで
非常に難しい作業で職人技なんだそうです。

すごいこだわりですよね。

井筒信一さんのプロフィールは?

現在81歳
生年月日不明

バイオリン製作は約61年となります、

長野県の松本市内出身
出身小学校は開智小学校

中学生の時、友人がバイオリンを弾いているのを見て

バイオリンが好きになりそして
19歳の時にバイオリン職人になって現在80歳80歳
バイオリン一筋なんだそうです ひとつひとつ手作業で作られているということで
木の活かし方にこだわっていらっしゃるんだそうです。

こちらのこだわりの藁の猫ハウスについても記事にしました。

藁の猫ハウス(猫づむら)の購入先と価格は?通販が気になる!予約方法もチェック

バイオリンだけではなくチェロも作られているということなんですね

井筒信一のバイオリンの価格は?

バイオリンがいくらなのか?価格ははっきりと
見つけることが出来なかったのですが、

適正価格で販売されているということは
書いてありましたので、

その音色によってバイオリンやチェロの値段が
決まってくるのかと思いました。

まとめ

今回はバイオリン制作に携わっている井筒信一さんについて
まとめてみました。

最高のものを作るためには気持ちを集中しているということで
大変ということは全然ないという

職人歴61年の井筒さん 素晴らしいですね

これからもどんどん弟子へと 繋いでいてほしいなと思います
これだけの素晴らしい技術を、後世にも繋いでいって
またその井筒さんの技術が広がっていきますように

スポンサードリンク


おすすめ関連記事