ハワイのチャイルドシートの種類を年齢別に徹底解説




ALOHA! ハワイ在住のMikiです。

今回はハワイ旅行に来る際に
何歳までの子供にレンタカーを利用する時にチャイルドシートが必要なのか?

年齢別に必要な種類のチャイルドシートを
解説していきたいと思います。

ハワイのチャイルドシートは、Uberかタクシーを利用する時には、
どのようなルールになっているのか?
ハワイでチャイルドシートを使い忘れたからと
罰金にならないようにこちらの記事をご確認ください

ハワイのチャイルドシートについて!タクシーやUberのルールを徹底解説!

スポンサードリンク

ハワイのチャイルドシートの種類は?

ハワイでは年齢に応じて種類が異なるチャイルドシートが必要になってきます。

基本的に大きく分けて
チャイルドシートとブースターの2種類があります。

スポンサードリンク

ハワイのチャイルドシートの基準について

[楽天]

それでは次にハワイのチャイルドシートの基準についてまとめていきたいんですが

ハワイでは乳幼児から3歳以下は必ずチャイルドシートが必要です。

また4歳から8歳の子供に関してはチャイルドシート
または座席のみのブースターシート必要になります。

これが基本的なハワイのチャイルドシートの基準となります。
さらに調べていくと体重も関係してきましたが
年齢的に見た基準は上記の通りです。

ハワイのレンタカーでチャイルドシートを利用する場合、
購入?レンタル?持ち込みそれぞれ解説

ハワイのレンタカーでのチャイルドシートの持ち込みと購入について解説!

ハワイのチャイルドシートの罰金は?

それでは上記でハワイのチャイルドシートの基準についてまとめましたが、
ハワイでチャイルドシートをつけずにレンタカーを運転したり
Uberにチャイルドシートなしで乗ってしまった場合

法律違反をしたことが罰金につながることがあります。

現在の段階での販売のチャイルドシートを付けなかった場合の罰金は、
罰金+クラスを取ることが必須です

4時間のクラスに出席しなければなりません
また、100ドルから500ドルの罰金が課せられるということになっています。

2019年3月情報

 

0か月~12か月の後ろ向きのチャイルドシート

それでは次に年齢別にチャイルドシートが必要なっていくのか見てきましょうね

12か月以下後ろ向きチャイルドシート
体重 9キロ以下

ハワイでは12ヶ月までの赤ちゃんは、
安全性を高めるため
チャイルドシートは後ろ向きにつけるようになっています。

出来る限り
12ヶ月一歳を過ぎても
後ろ向きのチャイルドシートをつけることを推奨されています。

しかし現在のチャイルドシートの多くは
後ろ向きと前向きと両方使いますので
一度買えば長く利用することができます。

旅行者の方は短期しか使用はしませんが。。。。

1歳から4歳までは前向きのチャイルドシート

後ろ向きのチャイルドシートをを卒業した
年齢になっているお子さんには

前向きで使用できる
チャイルドシートが利用が義務づけられています。

しっかりと背もたれも付いたタイプのチャイルドシート選びましょう。

12か月以降~4歳まで
体重約18キロ以下
後部座席に使用がルール

4歳から8歳はブースターシート

[楽天]

4歳から8歳未満の年齢のお子さんには
ブースターシートが義務付けられています。

しかし多くのお子さんは
長くチャイルドシートを付けている場合が多いですね。

その方がしっかりと安全性が高いからという
理由ですが、

ハワイの法律的には4歳から8歳は
ブースターシートの利用で十分です。

4歳から8歳
145センチ以下
体重 約45キロ以下

まとめ

今回はハワイのチャイルドシートの種類を年齢別に
解説してみました。

4歳以降のお子様の場合、ついついチャイルドシートが必要ではないのではないか
日本であまり車に乗らない家庭は、
チャイルドシートに付け忘れがちですので

罰金ということにならないようにご注意ください。
楽しいハワイ旅行ですから、台無しにならないようにご注意くださいね。

また、ハワイでは12歳以下のお子さんを車で放置することも
罰せられますので合わせてご注意ください。

スポンサードリンク