ハワイの不動産投資で失敗しない選び方

ALOHA!
ハワイに移住して満喫中のMikiです。

今日は、ハワイに投資を考えている方や
ハワイに別荘を持ちたい方そして
ハワイ移住を考えている方が

不動産物件を考えている時に
失敗しない選び方をまとめていきたいと思います。

実は管理人の周りでも
ハワイに家を買ったのに、結局前の家が良かったと
失敗したな感じている方が結構いるので、この記事を書きたいと思いました。
この物件が良いとオファーを入れる前に、
もう一度自分がハワイに移住して長期滞在していることを考えて
オファーをいれてましょう。
関連記事⇒ハワイの投資物件・不動産購入の一連の流れについて

スポンサードリンク

治安とセキュリティ対策

駐車場の場所や駐車場のセキュリティ等
家に入るまでいくつのセキュリティがあるのかというのを
冷静に確認しておくことは
非常に大事です。

ハワイはワイキキのホテルでも安全性を考えて
鍵がないとトイレが使えない状態になっています。

そのくらいセキュリティには、万全に望んだほうが
ご自分がハワイに移住して住むことであっても
ハワイの投資物件として貸すことを考えても吟味したいですね。

日本のように夜一人で歩けるかどうかというのは、
ハワイではあまり感がない方が良いと思います。
日が落ちてから、安全なエリアはないと基本的には思って暮らしています。

交通の便やアクセス

ハワイは日本のように電車が通っていませんから
バス停が近くにあるというのは、非常に便利でしょう。

そして、車を運転するとき
ハワイの高速が近い場所の場合、高速に乗るまでの渋滞緩和にも
なりますから
移動時間が短縮されます。

投資物件や物件を購入する前に
買い物に行くとき、学校に行くときとシチュエーションを考えて
どのくらいの時間がかかるのか
交通の便を見ておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

日本語環境や日本語の医療

ハワイに移住してやはり困るのは、医療や日本語環境について
もちろんワイキキ周辺では比較的日本語を話す医師や
日本語環境も整っていますが

物件としては狭くて高いのが事実

郊外に行くと
日本人1人しかいなかった
なんてこともありますから

どのくらいのところに手を打つかというのは
大事な選択になってくるでしょう。

教育や学区

例えば、教育関連で選んだ時に
私立と公立どちらに入れるのか?

もしこの私立校を受験して受からなかったときに
公立校はどこの学区になって
どのくらいの通学時間がかかるのか?

ハワイでは基本的に親が送り迎えをしているので
仕事と送り迎えの時間調節は親の永遠の挑戦になるでしょう。

スーパーや買い物への距離

生活していくと時間管理は大事になってきますね。
ハワイはもともと渋滞も非常に多い場所ですから
どこにいくにも時間と場所を考えないと
1時間2時間は渋滞にはまったなんて言うのは
日常茶飯事

買い物はどのくらいの距離にあるのか?
大型スーパーや、小さいスーパーなど

いくつかバリエーションを決めて距離を考えておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

パーキングやゲストパーキングの有無

コンドミニアムでは、パーキングが1台のところも多く
その場合は、2代目の駐車場を探さなくてはいけませんね

追加料金を払えば借りれるのか
路駐駐車をするのかというのも出てきますね。

そして、一軒家だと道路に駐車できることが多いですが
コンドミニアムの場合、ゲストパーキングが一つもないところだと
なかなか友人を呼ぶことも難しかったりします。

社交的に人を呼びたい方は、
ゲストパーキングが多いところを購入されることを
おすすめします。

まとめ

ハワイに移住したい別荘を持ちたいという気持ちがありながらも
生活してみたら不便だらけだったということに
ならないように

後悔のない、失敗しない物件を選んでいただきたいなと思います。

ハワイは生活だけをするなら魅力的な場所はたくさんありますが
日本語環境や日本語医療を考えると
エリアが特定されてくるように思います。

皆さんに納得した物件が見つかりますよう
関連記事⇒ハワイの投資物件・不動産購入の一連の流れについて

スポンサードリンク

スポンサードリンク