ヘレンケラーとはどんな人?病気や呼び名は?水や家族構成も調査!




ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

今回は多くの方々が皆ってどんな生活をしているのだろうと
疑問に思った方も多いとは思います。

一度は学校の教科書に勉強をしたり
お子さんがいらっしゃる方は
教科書からいることが今回は一度は聞いたことがある
歴史上の奇跡の人物
ヘレンケラーについてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

ヘレンケラーとは?

[楽天]

ヘレンケラーは出品の予定です小さい頃は
健常者として生まれてきましたが

一切の時に高熱が続き
聴覚と視覚を失うことになります。

元々歩くことも早く
大人の言葉に反応することも
早かった赤ちゃんだったヘレンケラー

高熱を出したことで耳が聞こえなくなり
目も見えなくなりました。

外部との繋がる方法を失ったヘレンケラーは
自分の伝えたいことを伝えられなかったり
家族と意思疎通ができないことを

うまく表現が出来ずに
自分がどうしていいのか分からず

そのイライラを妹が生まれたミルドレッドを叩いてしまったり
家族も元気なと生活をしていく中で

日常生活がままならなく困ったことが多かったそうです

スポンサードリンク

ヘレンケラーとサリバン先生の出会い

一般的な生活が出来なくなったヘレンケラーとご家族
どうしたらヘレンケラーとコミュニケーションが出来るのか

家族は悩みます。

アンサリバン先生の出身やプライベートについては
別記事にまとめてみました。

サリバン先生の出身は?結婚生活や夫と子供も気になる。兄弟も調査!

どこで電話を開発したグラハムベル博士連絡をとる機会があり
小学校の生徒であった家庭教師として帰ることになります

この時にヘレンケラーは6歳~7歳になるころでした。

サリバン先生に出会う前のヘレンケラーは
食事も座って食べることも出来ずに

何かあればすぐに癇癪を起こす
子供でした。

ヘレンケラーとピッピの先生アンサリバン先生との出会いは
サリバン先生が家庭教師としてヘレンケラーのもとに来たその日

俺にとっては自分の本当に生まれた誕生日よりも
さらに自分が自分として生きていけることが
始まった記念の誕生日だと思っていたそうです

ヘレンケラーの病気は?

ヘレンケラーが一切の時病気にかかりますそれは
どんな病気だったのかということを調べていたんですが

日本で出版されているヘレンケラーの伝記や
自叙伝をヘレンケラーの病気について調べていきますと読みましても
その病名は書かれていませんでしたが、

急性の胃と脳髄の充血と日本の自叙伝には書かれています。

英語のサイトを選んでみました19ヶ月の時に
どんな病名だったのか

英語のサイトでも未知の病気ということで記されています。

さらにヘレンケラーの病気を調べていきますと英語のサイトでは
猩紅熱(しょうこうねつ、英語表記 Scarlet fever)というのが
出てきます。

猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は
子供に多い発疹性の伝染病

明治時代には
法定伝染病に指定された恐ろしい病気だったということです

もうひとつのヘレンケラーの病気の可能性は
髄膜炎(ずいまくえん) 英語 meningitis

髄膜炎と呼ばれるものですいませんとこは
頭蓋骨と脳の間に存在して

脳を包み込んでいる膜が細菌によって炎症を起こして
病原微生物ということも考えられるということです。

風邪の症状と似ているそうです。
だから、ヘレンも何日も熱を出していたのかもしれませんね
ヘレンケラーの病名に限っては
日本の伝記や自叙伝を読みましても
英語のサイトを読んでも病名が特定はされていないのです

当時の情報源を考えたら
病名を特定するのは難しいことなのかもしれません。

ヘレンケラーが生きていた当時は、
抗生物質がなかったため、数日間高熱が続き結果、
聴覚障害者と盲目となってしまったということです。

ヘレンケラーのきょうだいはや家族構成は?

ヘレンケラーは1882年生まれ

ヘレンケラーはお父さんのアーサー氏の二人目の奥さんの長女
妹のミルドレッドときょうだいのフィリップがいます。

お父さんとのアーサー氏には
1人目の奥様との間に二人の息子

ジェームスケラーと
ウィリアムシンプソンケラーの二人がいます。

つまり、ヘレンケラーには4人の兄弟がいたのです。

ヘレンケラーの父親は?

ヘレンケラーのお父さんのアーサー氏

アラバマ州タスカンビア市の

新聞記者として長く活躍されていました

そしてキャプテンとしてもアメリカ軍に所属していました。

ヘレンケラーの母親は?

そしてヘレンケラーのお母さんは
キャサリンさんという名前ですが

あだ名はケイト
非常に有名なお嬢様で
元々はスイスから移民の家庭で育っています。

非常に大家族の中で育ってきたヘレンケラーの家庭には
家族を支える
メイドさんもたくさんいらっしゃいました

そしてメイドさんたちの家族も同居してようですよ。

ヘレンケラーの呼び名は?

ヘレンは声を出すことが出来なかった幼いころ
お母さんの呼び名は、ほっぺをさすったり

お父さんを表すときには、メガネのマネをしたり
しながら

身体で呼び名を表現されていたそうです。

ヘレンケラーと水の関係は?

ヘレンケラーはアンサリバン先生によって
多くのことを学んでいきます

サリバン先生は
ヘレンケラーにどうやったら言葉を教えていけるのか

ヘレンケラーはもともととても頭が良い子だったので
サリバン先生が教えていく気持ちはすぐに覚えていきます

19ヶ月児聴覚と視覚を失っているので
物に名前があるということはわからなかったヘレン

普通に生きていたらものにはすべて
名前があるということを
疑問にすら感じないかもしれません

幼い頃に聴覚と視覚を失っているヘレンにとっては
若者が表す言葉を言うことにつなげるまで時間がかかったね

何事も経験をさせていくということを大事にしていたアンサリバン先生

どうしたらマグカップと水の違いを教えられるのか
どうしてヘレンに伝えやすく教えられるのか

模索していらっしゃいました。

そんな中ポンプを出して水を出して
冷たい水を触ったヘレン

どんどんと流れてくる水から
冷たい水を触ったヘレンケラーは

これが水なのか
という水のことを知ることになります。

このものを触るという経験を通じて
ヘレンケラーはどんどんと言葉を知っていくことになります。

この時のヘレンケラーの様子
自叙伝でもご本人が書いていらっしゃいますが

[楽天]
物を知る
すべてのものに名前があることを知る

どんなに感激したんでしょうね

初めは指文字を中心に教えていたアンサリバン先生

片手でヘレンケラーは水を触りながら
反対の手にはアンサリバン先生がゆっくりとウォーター水

言葉を指文字で伝えていきます

アンサリバン先生は何度も何度もゆっくりと指文字を
ヘレンに教えて行かれたそうなんですね

この時ヘレンケラーはどんなこと思ったんでしょうね

私たちにとっては物に言葉がある
言葉を通じて話すということは

普段何気なく行なっていることですけれども

それがもし無かったと考えた時
どうやってコミュニケーションをとるのか
多くの方が悩むことだと思いますし

管理人もという風にしていたらいいのか本当に考えてしまいます。

アンサリバン先生の指導方法について調べてみました。

サリバン先生の名言と指導方法は?伝記や本とアニメもチェック!

ヘレンケラーはアンサリバン先生と出会い
水とマグカップの言葉の違いを知ったことから

どんどんと新しい言葉を身につけていきます

ヘレンケラーの性格は?

元々ヘレンケラーはとても負けず嫌いな性格で
一度決意したら辞めない性格

一般の大学まで行ってしまうヘレンケラーですから
その努力ももちろんですけれども

ヘレンケラーに人生を捧げて尽くしたアンサリバン先生の活躍は
本当に何者にも代えられないものになったと思います。

ヘレンケラーとアンサリバン先生の関係は?

ヘレンケラーの自叙伝を読んでいく中で
アンサリバン先生が伝えたことは

ヘレンの人生を豊かにし
ヘレンが迷った時も
ヘレンが苦しい時も

ヘレンの心の中にずっとずっと生き続ける名言を
アンサリバン先生は残してくれたと思います

それは私たちが生きていく中でも
たくさんのヒントを得られる

ヘレンケラーとサリバン先生だと管理人は思います。

まとめ

[楽天]

人はひとりでは生きていけないですし
誰かの支えがあって誰かと共に生きていくわけですが

ヘレンとサリバン先生は本当に二人三脚で
親と子という知能
血縁関係を越えて

どこまでも支えていっていかれた
お二人の素晴らしい関係性だと思います

幼いヘレンは愛という言葉を知らなかった

サリバン先生は
ヘレンケラーに愛していると伝えたんですね

その時のことがヘレンケラーの自叙伝に書かれているんですが
管理にもものすごく感動して

アンサリバン先生のような指導者と
で会いたかったなという気持ちもありますし

これから子育てをしていく上で
子供にとってアンサリバン先生のような方と
出会えることは最高だと思います。

個性を大事に

これからの時代を生き抜いていく上で
個性というのは非常に大事なものになってくると思います。

ヘレンケラーは聴覚も視覚も失ったけれど
ご自分で話せる力も身につけて

講演活動もされていらっしゃいました。

とにかくヘレンケラーは意志が強くて

頑固で
最初はサリバン先生も本当に苦労されたと思います

しかしお二人の関係は本当に強い絆で結ばれていて
サリバン先生は
幼い頃兄弟を失い悲しみの中にいらっしゃったけれども

サリバン先生はうつ状態になってしまうほど悲しい過去がありながらも
ヘレンに出会ったことで

アンサリバン先生にも生きる証となっていったのが
ヘレンケラーとの関係だと管理人は思いました。

管理人も大人になり
ヘレンケラーの存在は知っていたけれども
改めてヘレンケラーがどんな人生を送ってきたのか

アンサリバン先生がどんな人生を生きてきたのか

知らなかったですし
知ろうとも思っていなかったのですが

管理人の子供が非常に
伝記が好きなので

子供を授かったことで新たに借りに自身も
頑張っていこうと思える
力をヘレンケラーとアンサリバン先生に頂いた気がします

何度も何度も読み返したい
皆さんも今自分が目が見えて話すことができる

人とコミュニケーションをとることができる

それがどんな方法であっても

今生きていることを大事にして
1日1日ずつ先の事ばっかり考えないで

1日1日を大切に生きていけたらいいなと思います

スポンサードリンク