井深大の妻と長女や次女について!家系図や子孫も気になる。幼児教育も調査!




ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

今回はソニーの創業者でもあります
井深大さんについてフォーカスしていきたいと思います。

井深大さんといえばソニーの設立者でもあり
トリニトロンテレビの開発
奥様や長女や次女
そして、気になる子孫や
家系図などについても調査していきたいと思います。

スポンサードリンク

井深大さんのプロフィールは?

[楽天]

それではまず最初に
ソニーの設立者井深大さんのプロフィールを
まとめていきたいと思います。

井深大(いぶかまさる)

生年月日1980年4月11日
出身栃木県上都賀郡日光町

井深大さんの父と母は?

そして井深大さんのお父様といえば
井深甫(たすく)さん

そして井深大さんのお母様といえばさわさん

お父様のタスクさんは札幌中学から東京高等工業学校
現在の東京工業大学の前の電気科学科にいらしたんだそうです。

お父さんは古河鉱業日光精銅所におつとめてあったということで
そこの技師として
電気による銅の作り方などを研究開発されていたんだそうです。

井深大さんのお父様は残念ながら2歳の時に亡くなっていらっしゃいます。
そして祖父のもとに引き取られ
のちにお母様は後に再婚されていらっしゃいます

この部屋お父様が亡くなった後に
祖父母に引き取られていきますが
非常にしつけには厳しかったということです。

そして井深大さんのお姉様に当たるかも
早産でなくなっているということなので

井深大少年は幼少時代に心の闇を抱えていたと言っても
過言ではないでしょう。
だからこそ一生懸命勉学に励んだのかもしれませんね

出身高校と出身大学は?

複雑な家庭環境で育ってきた井深大さんですが
一生懸命勉学に励んでいきます

神戸一中学校卒業校
早稲田第一高等学校理科を経て
早稲田大学理工学部電気高校工業科へ進学

真面目に研究を続けながら熱心に
キリスト教として活躍されていたそうです。

井深大さんの結婚した妻は?

そして井深大さんの奥さんやお子さんについてまとめていきたいんですが
井深大さんは最初の妻勢喜子さんとは
お見合いで結婚されています。

昭和11年ということです。

今年の勧めで朝日新聞論説委員の前田多門氏の娘
勢喜子さんとお見合いで結婚

1男2女を授かります。

しかし昭和40年に協議離婚しましたから
親戚であります黒沢淑子さんと再婚されています

長女や次女と知的障害とは?

[楽天]

一番初めの妻勢喜子との間に
長女と次女がいらっしゃいますが

辿っていきますと次女に障害があったということで
ここから井深大さんが
幼児教育の本を何冊も出版されていることと
繋がってきているようです。

長男は?

それでは次に井深大さんの長男なんですが井深大さんの長男は井深亮さんとおっしゃるそうですそこがいるかもと父親が異文化タクシー本人が井深大息子さんが井深亮氏

息子の井深亮さんはお父様についての書籍も出していらっしゃいます。

家系図は?

井深大さんの家系図を辿っていきますと
深く歴史と関係してきています。

井深大さんの祖先は
会津藩の家老でもあったということです。

井深大さんのお父さんの家柄を辿っていきますと
旧会津藩の上流藩士だったということです

さらにたどっていきますと親戚には飯盛山で
会津戦争で会津藩が決めました若い男の子たちで作られたグループ
白虎隊というものに
所属していました
井深茂太郎さんや井深梶之助さんの親戚にいらしたということで
井深さんファミリーは非常に歴史と関わっていたんだそうです。

この井深梶之助さんという方は幼き頃のお名前は梶之助さんで
井深宅右衛門さんと最終的にはお名前で呼ばれていたんだそうです。

こちらが井深大さんの家系図を辿っていきますと
親戚にあたるかということになります。

子孫は?

井深大さんの子孫を調べてきました
井深大さんのお子さんは井深亮さんとおっしゃり

ソニーの関係の会社で勤められていたようですが
息子さんの井深亮さんには
娘さんがいらっしゃるということです。

どんな幼児教育をすすめていたのか?

井深大さんがどのような幼児教育を進めていらしたかといえば
勉強だけを詰め込ま形ではなく
心を育てる教育を非常に大切にしていらして

2人中から子供を育てる
難しさや慈しみさを
たくさん絵本に述べられていらして
管理人も何冊か読んだことがあります。

その時はどうしてソニーの設立者の
井深大さんが幼児教育の方も出すのかと思いましたが

ご自身の福笹であった幼少時代や
娘さんの知的障害でいらしたということが
大きなきっかけとなっていることは間違いないですね。

まとめ

今回はソニーの設立者でもあります
井深大さんについてフォーカスしてみました。

井深大さんご自身も非常に心を
痛めた幼少時代を過ごしていきながらも

勉学に励みキリスト教になり
神を信じ神に見守られながら

前に進んでいった人生だったのかもしれませんね。

スポンサードリンク