出国時の空港税を空港別にチェック!

ALOHA!
ハワイ在住のMikiです。

旅行をする際に飛行機を利用すると空港を利用するという目的で
子どもも大人も空港税という料金が発生します。

関連記事⇒ハワイ旅行子どもと行くときの注意点
関連記事⇒ハワイ旅行で飛行機が安い時期とは

名称はそれぞれ異るようで、日本では【旅客サービス施設使用料】
と呼ばれています。

海外ではまとめての金額ではなく、項目別に空港税として
発生するようになっています。実は、空港税は結構な料金かかりますよね。

では、日本国内の空港税『旅客サービス施設使用料』の大人と子供の金額
ハワイ(ダニエル・イノウエ空港)の空港税についてもまとめていきますね。

それではいきましょう!!!

スポンサードリンク

成田空港の空港税は?

ze: 20px;”>国際線
第1・第2ターミナル使用 大人2610円、子ども1570円
第3ターミナル使用 大人1540円、子ども1030円
2歳以下は無料

国際線から国際線に乗り換える場合、当日成田から出国すると
少し空港税が安くなります。

翌日以降に成田を出る場合は、上記のお値段です。

乗り継ぎ第1・第2ターミナル使用 大人1540円、子ども1040円
乗り継ぎ第3ターミナル使用 大人1030円、子ども770円

ご参考までに国内線についても書きますね~

第1・第2ターミナルから出発 大人440円、子ども220円
第3ターミナルから出発 大人380円、子ども190円

第1・第2ターミナルに到着 大人440円、子ども220円
第3ターミナルから到着 大人380円、子ども190円

羽田空港の空港税は?

国際線出発 大人2570円、子ども1280円
国際線乗り継ぎ 大人1280円、子ども640円

2歳以下でも席を取っている場合は、適応になります。

国内線からの乗り継ぎでも上記の価格になります。
国内線 大人290円、子ども140円

成田と羽田を比べると、羽田の方が安いですね。

スポンサードリンク

中部セントレア空港の空港税は?


国際線で出発 大人2570円、子ども1290円
国際線で到着 なし

国内線で出発 大人310円、子ども150円
国内線で到着 大人310円、子ども150円

国際線で到着した場合の空港税が無しとは
かなり太っ腹な中部セントレア空港ですよね。

驚きです。!!!!!

国際線から国内線への乗り換え 大人310円、子ども150円
国内線から国際線へ 大人2880円、子ども1440円
国際線から国際線へ なし
国内線から国内線へ 大人620円、子ども300円

国際線から国際線への乗り換えの空港税もなしとは
またまた太っ腹です。

関西空港の空港税は?

第1ターミナルから出発 大人3040円、子ども1680円
乗り継ぎ 大人860円、子ども590円

※2017年6月1日以降の発券分から金額は上記になっています。

第2ターミナルから国際線出発 大人1540円
国際線乗り継ぎ 大人560円

第2ターミナルから国内線出発 410円
国内線乗り継ぎ 360円

関西空港の第2ターミナルは子どもは子どもの料金設定はありません。

スポンサードリンク

福岡空港の空港税は?


第1ターミナルから出発 大人970円、子ども490円
乗り継ぎ 大人860円、子ども590円

福岡空港は激安の空港税ですね。

ハワイの空港税は?

交際通行税 (国際線および出発到着) 17.80ドル

税関審査料 5.50ドル

入国審査料 7ドル

動植物検疫使用料 3.96ドル
米国保安料 5.60ドル

空港施設使用用 ハワイに関してはハワイ州以外の土地に
出発する人からは微集という情報しか得られませんでした。

またダニエル・イノウエ空港(旧ホノルル空港)のサイトが
更新されたらまたアップしますね。

まとめ

日本の空港税よりアメリカの空港税の方がカテゴリーが細かく
分かれていますよね。

いっそうの事一つにしてしまえばいいのにと思うのですが(笑)
国内線でも価格は異なりますので、
航空チケットを買うとすでに空港税は含まれて支払いますが
使用する空港によっても金額は変わるので
是非ご参考にされてくださいね

スポンサードリンク